スティックコレクション(Stick Collection)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5mmの違いを見極める

30cmぐらい離れたところからの目算で5mm違いのスティックを競るオークションゲーム。オリジナルは「もんじろう」からゲームマーケット2015秋に発表された「競りゲーブブカ」及びそのリメイク「マストバイ」で、ittenのファンブリックシリーズ5番にラインナップされ、スタイリッシュになって帰ってきた。

おみくじのように箱の穴から出したスティックをリングに立てて手番順オークションを開始する。30cmよりも近づいてはならないが、スティックは5mm差で9種類×4本あり、何となく長いか短いかはわかるので、それを手がかりにしてどれくらいほしいかを考えてビッドする。最初の所持金は50で、ビッド額は1~10。10といえば必ず落札できる。

落札したらまた次のスティックを出してオークション。こうして誰かが8本競り落とすか、誰かの所持金が0になるか、誰かが同じ長さのスティックを4本競り落としたらゲーム終了。得点は、5mm差で一番長く連続している本数×10点。これの残り所持金を足して合計の多い人が勝つ。

オークション特有の駆け引き(あまり欲しくないものでも釣り上げるなど)も楽しめるが、一番楽しいのは競り落としたスティックを取ってきて自分のスティックを並べてみたときだ。見事5mm違いだと嬉しいし、1cm違いならその間に入るスティックを競り落とそうと意気込み、同じ長さだと見込み違いに盛り上がる。果たしてこれは目の錯覚なのだろうか?

同じ長さでも4本揃えれば即勝利だが、他にも欲しい人がいるため難易度が高い。それでも3本くらい揃うと、夢を見てしまうものだ。そんなドラマがあちこちにちりばめられている。

スティックコレクション
ゲームデザイン:居椿善久/アートワーク:トミオカヨシアキ
itten(2021年)
2~5人用/8歳以上/20~40分

当サイトのittenファンブリックシリーズレビュー
No.1 みんなのファイヤー
No.2 ゴールドハンティング
No.3 3秒トライ!
No.4 バイキングシーソー
No.5 スティックコレクション

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。