Posted in 国産新作ゲーム

目を揃えて一気に進め『ラインダイス』12月16日発売

サニーバードは12月16日、『ラインダイス』を発売する。ゲームデザイン:居椿善久、2/4人用、8歳以上、15~45分、3960円(税込)。ゲームマーケット2022秋を皮切りに現在先行販売中。 2個のダイスを振って自分のダイスをすべてゴールさせたら勝ちというバックギャモン系のレースゲーム。居椿善久氏の…

Posted in 日本語版リリース

動物を研究して百科事典を編纂『エンサイクロペディア』日本語版、12月上旬発売

ホビージャパンは12月上旬、『エンサイクロペディア(Encyclopedia)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:E.デュビュス&O.メリソン、イラスト:J.ドロン&J.プルニュー&R.トゥルア、1~4人用、14歳以上、プレイ人数×25分、8800円(税込)。 ホーリーグレイルゲームズ(フランス)…

Posted in 日本語版リリース

クローン兵たちのバトルロワイヤル『リロード』日本語版、12月上旬発売

ホビージャパンは12月上旬、『リロード―名声を賭けた戦い―(Reload)』日本語版を発売する。ゲームデザイン: J.M.トリベ&F.ルーゼ、イラスト:J.デヴィ、2~4人用、14歳以上、30~60分、7700円(税込)。 コロッサルゲームズ(アメリカ)がキックスターターを経て今年発売した作品。近未…

Posted in さ行 

シルバーマイン(Silver Mine)

最後に笑う者が最もよく笑う 一番最後にゴールにたどり着くことを目指すダイスゲーム。今年生誕100周年を迎えた故アレック・ランドルフの作品で、1992年にアミーゴ社(ドイツ)から発売された『カランバ!』をプレイテ(韓国)がリメイクした。コンパクトになっただけでなく、金銀のコマがついて豪華になった。 各…

Posted in 国産新作ゲーム

ダイス目を一瞬で見極める『忍者マスター』11月18日発売

ittenは11月18日、『忍者マスター』を発売する。ゲームデザイン:R.クニツィア、アートワーク:トミオカヨシアキ、2~5人用、8歳以上、15分、2640円(税込)。ゲームマーケット2022秋にて先行発売されている。 「スリムでポータブルな箱をスライドして、いつでも気軽にアナログゲームが遊べる」と…

Posted in 日本語版リリース

ダイスで暗証番号を出せ『コード破り』日本語版、8月上旬発売

数寄ゲームズは8月上旬、ダイスゲーム『コード破り(Code Knacker)』日本語版を発売した。ゲームデザイン:R.クニツィア、アートワーク:SEIMI、1~4人用、8歳以上、30分、2420円(税込)。 オリジナルは2007年、ラベンスバーガー社(ドイツ)から発売された作品。数寄ゲームズでは「名…

Posted in シュピール22

シュピール’22:アミーゴ

今年のエッセン・シュピールは10月6~9日、昨年に続き対面で開催される予定となっている。そこで発表される予定の新作を出版社別に紹介。邦題は直訳で、国内販売されるときに変更される可能性がある。 ★お邪魔者:暗闇の洞窟(Saboteur – The Dark Cave) ゲームデザイン・F….

Posted in  た行

ダンジョン、ダイス、デンジャー(Dungeons, Dice & Danger)

ボスを先に倒すのは誰だ ダンジョンを探索してドラゴンを倒し、宝を持ち帰るロール&ライトゲーム。ゲーマーズゲームの人気ブランド「アレア」が今年発表した作品で、R.ガーフィールドを起用した。難易度の違う4種類のシートでプレイできる(写真は上級用の恐竜マップ)。 手番プレイヤーは5つのダイスを振り、全員が…

Posted in 日本語版リリース

ダイスプレイスメントで惑星開発競争『エイリアン・フロンティア』日本語版、7月1日発売

ケンビルは7月1日、『エイリアン・フロンティア(Alien Frontiers)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:T.ニーマン、イラスト:P.ブルジコウスキ&K.チャクロン&R.グラムス&M.マクスウェル、2~4人用、13歳以上、90分、11880円(税込)。現在、先行販売予約受付中(下記リンク…

Posted in ま行  国産

モンスターコロシアム(Monster Colosseum)

6面ダイスの返り討ち 6~20面ダイスのモンスターを六角形のコロシアムに投げ入れて戦わせるダイスアクションゲーム。新潟の創作ゲームサークル「ラフゲームズ」がゲームマーケット2022春で発表し、当サイトの新作評価アンケートで7位。『ストライク』のようなダイスのぶつかり合いに加え、コロシアム内のいたると…