ドラ猫(Draft Cats)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道に迷ったニャー

自分のデッキからカードをめくってダンジョンを生成し、ネコを探険させるデッキビルド&ルートコネクションゲーム。ミラーハウスがゲームマーケット2021秋に発表した。購入候補のカードはピックアップドラフトで周り、使用後はデッキに入る。

各自初期デッキ10枚をもち、これとは別に5~6枚のカードから1枚ずつ取っては隣のプレイヤーに回すというのを行う。ドラフトしたカードはまだデッキに入れず、購入候補として並べておく。スタートカード(十字路)をプレイヤーボードの好きなところに置き、そこにネコを置いて、デッキから3枚カードをめくって、「3,2,1,ドラ猫!」の合図で全員同時プレイ。

3枚の手札から1枚を選んで、道がつながるように配置し、配置したら山札から1枚補充する。3枚のどれも気に入らなければ1枚捨てて補充しても良い。あるいはお金を支払って、ドラフトしてあった購入候補のカードを配置することもできる。同時プレイなのは時間短縮のためであって、早く終わってもボーナスはないし、遅くなってもペナルティはない。「何でこんなところに置いたんだろう?」とならないよう、じっくり考えて配置しよう。

スタートカードにいるネコは、道がつながるたびにその先へと移動する。分岐していれば自由に振り分けてよい。また途中でネコのマークがあると仲間が増えるニャー。こうして置けるカードがなくなったらラウンド終了。

配置したカードには、「ループを作る」「上下左右を埋める」などの条件が書いてあり、達成すると得点になる。またボードに描かれた図の通りに配置しても得点になるが、その全てを満たすのは難しい。得点の多いカードを優先して、あわよくば両立を図る。一方、ネコは道の端までいけばその分コインがもらえ、次のラウンドでカードを買う資金になる。

次のラウンドでは、前のラウンドでドラフトして購入したカードがデッキに加わる。そういうカードがデッキから出てくることを念頭にルートをつなぎたい。4ラウンドでゲームが終了し、得点を競う。

他のプレイヤーが欲しいカードがわからない中でのドラフトに加え、同時プレイでは自分のプレイヤーボードに専念し、他プレイヤーへの攻撃カードも存在しないため、プレイヤーインタラクションはほぼないが、ダンジョンがうまくつながったり、ネコがたくさん集まったのをお互いに称え合うのが楽しい。隣から喜びの声や嘆きの声が聞こえてくる中で、できるだけ多くのお題の同時達成を考えて唸るゲームである。

ドラ猫
ゲームデザイン:ODA/イラスト:シェリー
ミラーハウス(2021年)
1~4人用/8歳以上/20~40分
通販:ボドゲーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。