Posted in 日本語版リリース

伸びるタケノコでアクション選択『バンブー』日本語版、4月5日発売

Bamboojケンビルは4月5日、『バンブー(Bamboo)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:G.P.ミラン、イラスト:J.カンテロ、2~4人用、14歳以上、90分、6930円(税込)。3月11日まで下記サイトで先行販売中。

『美徳』『サビカ』のスペイン人デザイナーがデザインし、デヴィル(スペイン)から2023年に発売されたゲーマーズゲーム。『美徳』と同じ世界観(ケムシサーガ)で、竹を栽培して幸福度を競う。

ゲームは4ラウンド(4年)にわたって行われ、各ラウンドは春夏秋冬のフェイズに分かれる。春には森の贈り物と線香を受け取り、夏には線香を精霊の寺院に供え、タケノコを使って料理や家の改良などのアクションを行う。使ったタケノコは竹の下から差し込み、スライドして上から伸びてきたタケノコを獲得するメカニクスにより、次のアクションを計画できる。

家の改良では家タイルをプレイヤーボードに置いて幸福度を上げるが、左右のバランスにも気をつけて広げなければならない。天秤のアクションでは、家タイルで条件を満たすことでさらに幸福度が上がる。

秋には寺院のマジョリティで河童や天狗など森の精霊の特殊能力が分配され、冬には家の広さに応じて食料を支払う。4ラウンドの後、獲得した精霊の種類、家の左右バランス、天秤タイルの得点計算を行って勝敗を競う。

シンプルな構造ながら多くの選択肢が用意され、戦略的な奥深さが楽しめる作品。個人用ボードを裏返せば上級者モードでプレイできる。

ケンビル:バンブー 日本語版

Bambooj2

Posted in 国産新作ゲーム

マーダーミステリーミニ第13弾『札幌異世界ツアー』3月29日発売

SapporoisekaitourグループSNE/cosaicは3月29日、少人数で遊べる「マーダーミステリーミニ(MMM)」シリーズの第13弾『札幌異世界ツアー』を発売する。ゲームデザイン:中村誠、アートワーク:TANSAN、4人用、15歳以上、100分、2420円(税込)。

2~5人用と少人数・短時間で遊べるMMMシリーズの最新作。第8弾『京都異世界ツアー』の続編で(『京都異世界ツアー』のプレイは前提としない)、ユニークな世界を舞台に事件の犯人とその背景を探る。

日本と〈異世界〉が、京都の〈門〉でつながって3年。正規の手続きで、観光やビジネスにやってくる異世界人も多い。しかし、事故で日本に「きてしまった」異世界人もいる。悪意を持った違法侵入者でなければ、法律で認定されれば滞在できる。そうした者たちを「転移者」と呼んだ。雪まつりでにぎわう札幌をめぐる転移者3人と調査官の1人は、観光の最後に札幌市時計台を訪れる。そして、そこで黒フードの人物の、焼け焦げた死体に遭遇した! 一行は、札幌の観光スポットで何があったのかを回想して、真実を突き止めようとするが……?

パッケージはミニサイズながらも、不思議な世界観とゲーム中のギミックで、常識を取り払った推理力が試される。

Sapporoisekaitour2