Posted in  か行 国産

ガムトーク(Gum Talk)

車内に常備 カードを引いて、指示された番号の話題でトークする「話題提供玩具」。創作ゲームサークル「角刈書店」がゲームマーケット2020春(中止)で発表し、「ゴゴスマ」「スッキリ」「ゼロイチ」などのワイドショーで取り上げられ注目を集め、今年は『ガムトーク2』が発売されている。ルールは「話し終わったら『…

Posted in か行 

ウィンターキングダム(Winter Kingdom)

毎回増えていく追加アクション 2012年のドイツ年間ゲーム大賞『キングダムビルダー』から約10年。振り返ればこれ以降、45分を超える作品も、エリアコントロール(陣取り)ゲームも大賞を受賞しておらず、それがもはやトレンドではないとわかっていても、90年代のドイツゲーム黄金期から見ると寂しい気もする。そ…

Posted in か行 

神々は恐竜がお好き(Gods Love Dinosaurs)

食物連鎖の三角形 食物連鎖をうまく作って恐竜を増やすゲーム。『マジックメイズ』のラップ(デンマーク)がデザインし、フランス語版がキャッチアップゲームズ(フランス)から、英語版がパンダサウルスゲームズ(アメリカ)から発売されている。日本国内では未発売の模様。 手番には、2ヘックス分のタイルを場から取っ…

Posted in か行  国産

紅茶ロマン紀行(Romantic Tea Trip)

高い紅茶も安い紅茶も必要 カードの効果で茶箱を手に入れ、価値を高めて、カードを購入するロンデル&セットコレクションゲーム。植民地戦争+αがゲームマーケット2021春で発表した。カードが購入されるたびにロンデルの中身が入れ替わり、新しい戦略がどんどん生まれる。 カードを円形に並べ、各自のウサギコマを置…

Posted in か行  国産

グッズメイカー(Goods Maker)

小人付きわらしべ長者 資源をグレードアップして建物を建築するリソースマネージメントゲーム。『リトルタウンビルダーズ』のStudio GGがゲームマーケット2020秋で発売した。『リトルタウンビルダーズ』と同様、海外版”Little Factory”がイエロ(フランス)から今夏発売されることになって…

Posted in か行  国産

キャットインザボックス(Cat in the box)

存在可能性の消去 15分以内で終わるコミュニケーションゲームと並んでゲームマーケットで盛んなジャンルが、トリックテイキングゲームである。ボードゲーム愛好者の中には一定数、トリックテイキングをこよなく愛する層がおり、一般には割と取っつきにくいこのジャンルを支えている。 ゲームマーケット2020秋でもい…

Posted in か行  国産

クラッシュオクトパス(Crash Octopus)

巨大タコは人間が操っている 巨大タコをかいくぐって、荷物を回収するおはじきゲーム。『東京ハイウェイ』のittenがキックスターターを経てゲームマーケット2020秋で発表した。恐ろしいのは巨大タコよりもほかのプレイヤーである。 中央のタコ頭に上から荷物を落とし、周囲にばらまいてスタート。手番には荷物…

Posted in か行  国産

米作の刃(Kometsu no Yaiba)

米の呼吸、何の型? 村のみんなと呼吸を合わせて米作りを競うカードゲーム。冷害や台風といった「農鬼」を倒せば報酬がもらえる。 各プレイヤーがもっているカード20枚は同じ構成。そこから9枚を選んで手札にする。ダイスでランダムに選ばれたプレイヤーから順番にカードをプレイしていく。最初は「1」のカードを出さ…

Posted in か行  国産

このみしぐれ(Sprinkle)

計算しつくされた繁殖 樹木となって、ムササビに種を運んでもらい、天気をコントロールして自分の種を森に増やすエリアコントロールゲーム。緻密に作り込まれたアクションが、木駒や透明キューブといったコンポーネントと相まって先進的なユーロゲームの様相を帯びている。 樹木コマ(円柱)を初期配置し、種コマを布袋に…

Posted in か行

幻影探偵団(Phantom Detectives)

2,3択からの絞り込みに推理センス 大正時代に起こった猟奇殺人事件の犯人を、情報を絞り込んで推理していくボードゲーム。ほかの人に悟られないよう、自分だけの情報をうまく隠して、真相を探り出そう。しかし時間は限られており、囚われている令嬢の命が危ない! 江戸川乱歩的な世界観と、美しいアートワークで臨場感…