Posted in レポート

親子ボードゲーム会「ボードゲームアカデミア/プレイランド」レポート

山形県米沢市で、市教育委員会の主催による親子ボードゲーム会「ボードゲームアカデミア/プレイランド」が4月29日(祝)、市立図書館の体験学習室で行われ、講師を務めてきた。地元新聞社やテレビ局も取材にやってきて盛況な会となった。 子どもや親子を対象としたボードゲーム会にはコロナ禍の現在も呼ばれているが、…

続きを読む 親子ボードゲーム会「ボードゲームアカデミア/プレイランド」レポート

高円寺すごろくやを訪問

2006年4月22日、東京・高円寺に新しいボードゲームショップがオープンした。元テレビゲーム開発者である店長さんが、水道橋のボードゲーム輸入代理店・メビウスゲームズからノウハウを学び、その姉妹店として開いたお店。「家族・友だちみんなで楽しめる、ボードゲームの店」というコンセプトで、新たなボードゲーム…

続きを読む 高円寺すごろくやを訪問

卓上ゲーム専門店ジョイフルハイパー

ジョイフルハイパーは秋葉原のパソコンショップ「サウスウィンド」の1コーナーで営まれている卓上ゲーム専門店だ。昨年9月にオープンしたばかりだが、豊富な品揃えと在庫管理・決済システムが整った通販、そして値引きとキャンペーン攻勢で多くの愛好者を獲得しつつある。そこでボードゲーム担当の望月さんと長谷川さんに…

続きを読む 卓上ゲーム専門店ジョイフルハイパー

ゲームサイトを考える集い

play:gameデータベース|初心者向けコンテンツ|普及について|国産ゲームのレビュー|まとめ 2005年5月14日(土)、都内(江東区)で新作ゲームを遊ぶ会&ゲームサイトを考える集いが開催された。参加者は24名。参加者のひとりである益田ラヂヲさんが参加者やレポートをまとめたページを作ってくださり…

続きを読む ゲームサイトを考える集い

インドゲーム事情

筆者は2003年9月からインドに留学することになりました。人口10億人、「最後の大国」と言われるインドのゲーム事情をレポートします。 キャロム(Carrom)  お弾きを使って自分の色のコマを相手よりも早く四隅のポケット(穴)に落とすゲーム。インドといえばキャロム、キャロムといえばインドというくらい…

続きを読む インドゲーム事情

自宅ゲーム会010925

自宅ゲーム会01/09/25 Kyさんの高校時代の同級生で,神奈川からいらっしゃったKaさん来訪.夕食の後,少しゲーム.友人がドイツゲーム好きらしく,「貴族の務め」をご存知でした.ドイツゲームも少しずつ普及しているようです. ロボラリー|マエストロ ロボラリー(Roborally / R.Garfi…

続きを読む 自宅ゲーム会010925

自宅ゲーム会010913

自宅ゲーム会01/09/13 シエスタ|チャオチャオ|ロイヤルターフ|トンガボンガ|モダンアート|ラインレンダー|アムステルダムの商人 シエスタ(Siesta) 某臨時格安放出で木製コマの好きなYさんが手に入れたゲーム.なんとボードまで木製.太陽(黄色コマ)と屋根(三角コマ)とその影(黒コマ)を使っ…

続きを読む 自宅ゲーム会010913

エッセン国際ゲーム祭2006~日本からの出展編

★ヤポンブランド ゲームマーケットの記事がドイツで取り上げられ、それなら実物を紹介しようと愛好者が立ち上がったのがヤポンブランドの発端。ゲームマーケットでおなじみのゲームデザイナーから、意欲的な作品を発表しているメーカー、翻訳者、イラストレーター、DTP、ショップ、日本に興味をもつドイツ人など幅広い…

続きを読む エッセン国際ゲーム祭2006~日本からの出展編

ボードゲームシンポジウム 05/11/11

ボードゲームシンポジウム 05/11/11 秋の空にも冬の身を引き締める風が吹き始める季節、大阪市内のホテルで「ボードゲームシンポジウムOSAKA’05~日本ボードゲーム界の挑戦~」が開かれた。NPO法人世界のボードゲームを広める会『ゆうもあ』が会員や関係者を対象に主催したもので、昨年の…

続きを読む ボードゲームシンポジウム 05/11/11

エッセン国際ゲーム祭2006

今年もエッセンは、非ドイツメーカー・デザイナーの活躍という印象をもった。ドイツ産は確かに絶妙なバランスが取られていて安心して遊べるが、これは新しいと感じさせる要素があまりない。既存の要素の新しい組み合わせという感じだ。それに対し非ドイツ産はバランスこそ今ひとつ取れていないこともあるが、新しい要素があ…

続きを読む エッセン国際ゲーム祭2006