Posted in た行 

ドルフロマンティーク・ボードゲーム(Dorfromantik: Das Brettspiel)

追加要素のアンロック 『ドルフロマンティーク(村のロマン主義)』は、ベルリンの学生が開発したコンピュータゲーム(スチーム版/任天堂スイッチ版)である(公式ウェブサイト)。六角形タイルを並べるパズルゲームで、もとよりボードゲーム色が強かったが、その後に公式ボードゲーム版がペガズスシュピーレから発売され…

Posted in た行 

チャレンジャーズ!(Challengers!)

TCG大会のような高揚感 デッキを構築しつつ1対1の対戦を同時進行で行うカードゲーム。オーストリア人コンビがデザインし、『リフトフォース』のワンモアタイムゲームズから昨年発売された。フランス年間ゲーム大賞で中級ゲーム部門に選ばれた。TCGの大会に出ているような高揚感が味わえる。 テーブルの四隅にマッ…

Posted in た行 

東京うんこダイバー(Tokyo Poo Diver)

一寸先は闇 マンホールから下水道を通ってゴミを見つけ、ウンコを集めるプッシュ・ユア・ラック系のタイルめくりゲーム。『リトルトーキョー』『ラーメンシェフ』『指詰め』と日本テーマのボードゲームを発表しているヘルトベルクス社(ドイツ)から2022年に発表された。マンホールの蓋には「バーカ・なんでやねん!・…

Posted in た行 

ディスコルディア(Discordia)

ミープルをどんどん派遣せよ ローマ帝国の領土拡大により発展するライン川沿岸で街づくりに励むダイスドラフトゲーム。終了条件が勝利点ではなく、手持ちのミープルを全部なくすというところが特徴的で、確かな目標をもってゲームに取り組める。 ミープルは最初に袋から引く。船員(青)、兵士(赤)、商人(白)、農夫(…

Posted in た行 

トップテン18禁(Top Ten 18+)

10までのito 『スカウト』と共に今年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたコミュニケーションゲームのアダルト版。配られた数字(1~10)をお題に沿って各自表現し、親が昇順になるように指名していく協力ゲームである。 まず親がお題カードを引いてお題を発表する。「ヘリコプターで届ける支援物資が間違っ…

Posted in た行 

トーナメント(Turnier)

連続撃破で形勢逆転 モジュラーボード上で行うはさみ将棋のようなアブストラクトゲーム。『フォーカス』がドイツ年間ゲーム大賞を獲得した頃のランドルフ作品である。自分のコマ同士だけでなく、第3者のコマや、ボードの縁とはさんでも取ることができ、ダイナミックな展開が楽しめる。 プレイ人数に応じた枚数のボードを…

Posted in  た行

ダンジョン、ダイス、デンジャー(Dungeons, Dice & Danger)

ボスを先に倒すのは誰だ ダンジョンを探索してドラゴンを倒し、宝を持ち帰るロール&ライトゲーム。ゲーマーズゲームの人気ブランド「アレア」が今年発表した作品で、R.ガーフィールドを起用した。難易度の違う4種類のシートでプレイできる(写真は上級用の恐竜マップ)。 手番プレイヤーは5つのダイスを振り、全員が…

Posted in た行  国産

テウスフィア(Tevsphere)

あっちにもこっちにも置きたい 4つの惑星から得られる資料(カード)を4パターンでマイボードに配置して探索するリソースマネージメントゲーム。ゲームマーケット2022春で杓子兵器が発表した。資源から得点に至る変換ルートを効率よく、数多く作るにはどのカードをどこに配置するのがよいか悩ましい。 手番には場か…

Posted in  た行 国産

大戦争のあとしまつ(Aftermath of the Great War)

支援の醜い押し付けあい 長く続いたとある戦争がようやく終わり、周辺国の元首たちが出費をできるだけ抑えて復興支援するトリックテイキングゲーム。芸無工房がゲームマーケット2022春で発表した。 5スートで1~19のカードがあり、いろいろな支援内容が書かれている。特徴的なのは1枚のカードが上下に分かれてお…

Posted in  た行 国産

ダンジョンインメモリー(Dungeon in Memory)

今どこを歩いているのだろうか ルートが行き止まりにならないよう覚えながら、タイルを重ねていく記憶ゲーム。愛知県岡崎市のボードゲームサークルメンバーが制作し、ゲームマーケット2022春で発表された。手のひらに収まる小箱に入ったスタイリッシュなゲームである。 手番には3枚の手札から、スタートタイルにつな…