Posted in 日本語版リリース

ギルドを組み合わせて対戦『リフトフォース』日本語版、10月29日先行発売

数寄ゲームズは10月29日、ゲームマーケット2022秋にて『リフトフォース(Riftforce)』日本語版を先行発売する。ゲームデザイン:C.ボルトリーニ、イラスト:M.コインブラ、2人用、10歳以上、30分、3300円(税込)。一般発売は未定。 10種のギルドから4種を選んで対戦する2人用ゲーム。…

Posted in 日本語版リリース

色を混ぜるトリックテイキング『パーラ』日本語版、10月29日先行発売

数寄ゲームズは10月29日、『パーラ(Pala)』日本語版を先行発売する。ゲームデザイン:J.D.アラーズ、イラスト:坂本奈津希&SEIMI&たかみまこと&別府さい&Makiko Kodama&ママダユースケ、3~5人用、11歳以上、30分、2200円(税込)。一般発売日は未定。 『もっとホイップを…

Posted in ゲーム賞

国際ゲーマーズ賞2022に『カーネギー』ほか

国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)選考委員会は16日、ウェブ上にて今年の大賞作品を発表した。先月13日に発表されていた3部門各18タイトルのノミネートから、マルチプレイヤー部門に『カーネギー』、2人プレイヤー部門に『アーク・ノヴァ』、ソロ部門に『カスカディア』…

Posted in 日本語版リリース

黒死病から市民を救え『メッシーナ1347』日本語版、9月下旬発売

数寄ゲームズは9月下旬、『メッシーナ1347(Messina 1347)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:R.F.アパリシオ&V.スヒィ、イラスト:M.ペイチル、1~4人用、12歳以上、60~140分、8800円(税込)。数寄ゲームズの公式サイトにて9月13日から先行発売。 オリジナルは昨秋、デ…

Posted in 日本語版リリース

カード交換で真相へ『厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件』日本語版、9月下旬発売

数寄ゲームズは9月下旬、『厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件(Awkward Guests)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:R.G.ガルシア、イラスト:S.G.ガルシア&L.M.ソレラ、1~8人用、12歳以上、45~75分、5940円(税込)。公式サイトでは9月13日より先行販売開始。 オ…

Posted in 日本語版リリース

ダイスで暗証番号を出せ『コード破り』日本語版、8月上旬発売

数寄ゲームズは8月上旬、ダイスゲーム『コード破り(Code Knacker)』日本語版を発売した。ゲームデザイン:R.クニツィア、アートワーク:SEIMI、1~4人用、8歳以上、30分、2420円(税込)。 オリジナルは2007年、ラベンスバーガー社(ドイツ)から発売された作品。数寄ゲームズでは「名…

Posted in 日本語版リリース

探り合いのトリックテイキング『乗り間違い』日本語版、8月上旬発売

数寄ゲームズは8月上旬、『乗り間違い(Auf falscher Fährte)』日本語版を発売した。ゲームデザイン:J.クラウル、イラスト:ママダユースケ、グラフィックデザイン:別府さい、3~4人用、10歳以上、30分、1980円(税込)。 オリジナルは2001年、ベルリナー・シュピールカルテン(ド…

Posted in 日本語版リリース

企業経営も慈善活動も『カーネギー』日本語版、5月24日発売

数寄ゲームズは5月24日、『カーネギー(Carnegie)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:X.ジョルジュ、イラスト:I.オトゥール、1~4人用、12歳以上、120分、リテール版8800円、キックスターター版13250円(共に税込)。 スコットランド生まれのアメリカの実業家で「鉄鋼王」と呼ばれた…

Posted in 日本語版リリース

新機種開発競争『スマートフォン株式会社』日本語版、3月1日発売

数寄ゲームズは3月1日、『スマートフォン株式会社(Smartphone Inc.)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・I.ラシン、イラスト・V.M.ガウサ、1~5人用、12歳以上、60~90分、7700円(税込)。 オリジナルはコスモドロームゲームズ(ロシア)から2018年に発売された作品。これま…

Posted in 日本語版リリース

ニクソンVS新聞社の戦い『ウォーターゲート』日本語版、1月25日発売

数寄ゲームズは1月25日、『ウォーターゲート(Watergate)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・M.クラマー、イラスト・K.フランツ&V.シュルツ、2人用、12歳以上、30~60分、4290円(税込)。専用スリーブ付きは4510円(税込)。 『グレンモア』『ロココの仕立て屋』のM.クラマーが…