Posted in 国産新作ゲーム

和風ワーカープレイスメント『新版ぬくみ温泉繁盛記』4月上旬発売

ホビーベース/イエローサブマリンは4月上旬、『新版ぬくみ温泉繁盛記』を発売する。ゲームデザイン&イラスト:工藤さんのゲーム、1~4人用、12歳以上、20~60分、3300円(税込)。 ゲームマーケット2020春に「工藤さんのゲーム」から発表された作品に拡張の「個人方針カード」を加え、内容物のクオリテ…

Posted in さ行 

新幹線ゼロ系(Shinkansen: Zero Kei)

結局豊橋止まり 東京オリンピック(1964年のほう)を前に、東京~新大阪間に新幹線の路線と駅を建設すると共に、オリンピック開催に貢献するゲーム。ルドノヴァ社(スペイン)から発売されたもので、デザイナーもスペイン人。パッケージイラスト(左)が見てて飽きない。 たった5手番しかない中で、他のプレイヤーと…

Posted in 日本語版リリース

京から江戸への物見遊山『東海道』日本語版、8月下旬発売

ホビージャパンは8月下旬、『東海道(Tokaido)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ、イラスト・X.G.ドゥラン(ナイアド)、2~5人用、8歳以上、45分、6600円(税込)。 日本文化をこよなく愛するフランス人デザイナー、A.ボザ氏の代表作で、2012年にファンフォージ社(フランス)…

Posted in 日本語版リリース

和風カードスタンド&拡張付きの新版『花火:スターマイン』日本語版、9月下旬発売

ホビージャパンは9月下旬、『花火:スターマイン(Hanabi: Grands Feux)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボザ、イラスト・G.グエレ、2~5人用、8歳以上、25~45分、3000円(税別)。 2013年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した協力カードゲーム『花火』を、カードスタンド…

Posted in 日本語版リリース

屋敷のどこまで忍び込めるか?『小太刀』日本語版、4月30日発売

アークライトゲームズは4月30日、忍者カードゲーム『小太刀(Kodachi)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ウェスト、イラスト・D.ベーカー、2~4人用、14歳以上、45分、2400円(税別)。 オリジナルはウィズキッズ(アメリカ)から2019年に発売された作品。忍者たちが屋敷に忍び込み、…

Posted in 日本語版リリース

鳥居をたくさんくぐって『千本鳥居』日本語版、4月9日発売

アークライトゲームズは4月9日、『千本鳥居(The One Hundred Torii)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.カプート&E.バラフ、イラスト・V.デュトレ、1~4人用、8歳以上、45分、4500円(税別)。 ペンシルファーストゲームズ(アメリカ)がキックスターターで資金を集めて今…

Posted in 日本語版リリース

『チケット・トゥ・ライド:日本/イタリアマップ』多言語版、2月中旬発売

ホビージャパンは2月中旬、『チケット・トゥ・ライド:日本/イタリアマップ(Ticket to Ride Map Collection: Japan & Italy)』多言語版を発売する。ゲームデザイン・A.R.ムーン、イラスト・C.ドージン&J.デルヴァル、2~5人用、8歳以上、30~60分…

Posted in 日本語版リリース

3つの拡張を1つに『ライジングサン:日月神妖譚』日本語版、2月発売

アークライトゲームズは2020年2月、『ライジングサン:日月神妖譚(Rising Sun:Great 3 Expansions)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.M.ラング、イラスト・A.スミス、3~6人用、14歳以上、90~120分、16000円(税別)。プレイするには『ライジングサン』基…

Posted in

ミヤビ(Miyabi)

起伏にとんだ地形で日本庭園づくり 石、つつじ、もみじ、池の鯉、お堂の5種類を起伏をつけて配置して、美しい日本庭園を作るタイル配置ゲーム。ハバ社がファミリーゲームのラインナップもリリースして5年目、『アズール』シリーズが好調のキースリングがデザインした。 毎ラウンド、場に並んだタイルから1枚ずつ取って…

Posted in

四国(Shikoku)

「お先にどうぞ!」「いえいえ、そちらこそお先に!」 お遍路で知られる四国八十八箇所霊場の23番薬王寺。徳島にあり、名前の通り薬師如来を本尊とするお寺だ。ここには厄坂という厄落としの石段があり、一段ずつ賽銭を置いて登ると厄が落ちるとされる。実に年間100万人以上が訪れるという。 この厄坂を舞台にしたス…