Posted in 国内ニュース

大阪新北野にボードゲームカフェ「ゆたか」12月12日オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・新北野に12月12日、ボードゲームカフェ「ゆたか」がオープンした。JR塚本駅徒歩4分、10:00~22:00、無休(1ヶ月後に変更予定)。

4卓とカウンター席で400種類のボードゲームが遊べる。丸太小屋風になった店内は純喫茶のような雰囲気でカウンター席もあり、ゲームを眺めながら飲食だけの利用もできる。飲食メニューはコーヒー各種、メロンクリームソーダ、ミルクセーキ、フレンチトースト、ホットケーキ、チョコレートパフェなど。

大学生の頃にボードゲームにハマった店主のユウイチ氏が、昔からの夢だったカフェを開いた。店名はユウイチ氏の本名から。希望者がいればTRPG会も開きたいという。料金は15分100円、1日最大2000円(15時以降来店は最大1500円)。12月いっぱいは最初の30分無料。

ゆたか
大阪府大阪市淀川区新北野3-12ー10/TEL:080ー2480ー5453
[Web ] [Twitter ]

Posted in ウェブ

日本版The One Hundred 2020、『テラフォーミング・マーズ』4年連続トップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな非電源系ゲームを挙げる毎年恒例の年末投票「日本版The One Hundred」投票が12月1日から12月10日まで行われた。発起人と集計はさとーとしき氏(twitter)。Google Formを使って各自がオールタイムベスト15を投票した。今年の投票者数は377名で、昨年(414人)から37人の減少。

1位は4年連続で『テラフォーミング・マーズ』。得票率は昨年の26%から27%に上昇し、4人に1人は投票した計算になる。2位には『ザ・クルー』、3位には『バラージ』と、昨年初登場の新作がランクインした。

新作の最高位は『イーオンズ・エンド』で12位、国産の最高位はゲームマーケット2020春の新作『異世界ギルドマスターズ』(六角えんぴつ)で23位。国産は102タイトル中7タイトルと昨年から2タイトルの減、日本語版の割合は全体の79%(昨年比+11%)となっている。

毎年、このリストをもとに愛好者が所有数とプレイ数をカウントする「ゲーマー度」診断が行われている。まだ遊んだことがないタイトルがあれば、この機会にチェックしてみよう。

過去の結果:2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年

続きを読む “日本版The One Hundred 2020、『テラフォーミング・マーズ』4年連続トップ”