Posted in 日本語版リリース

ループするリソースで宇宙開発『スペースエクスプローラーズ』日本語版、4月下旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

リゴレは4月下旬、宇宙開発ゲーム『スペースエクスプローラーズ(Space Explorers)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・Y.ズラビリオフ、イラスト・A.コット、2~4人用、12歳以上、20~40分、3850円(税別)。ゲームマーケット2021大阪、ゲームマーケット2021春にて先行販売。

オリジナルは25世紀ゲームズ(ロシア)から2017年に発売された作品。米ソの宇宙開発競争時代に、宇宙研究センターの研究開発ハブの責任者として、人工衛星、有人宇宙船、軌道ステーションなどのさまざまなプロジェクトに挑戦する。

中央の場にはエンジニア、テスター、ビルダー、研究者、宇宙飛行士といった人材カードと、史実に即したプロジェクトタイルが並んでいる。手番には場札からカードを取り、自分の前に配置する。配置には研究チップのコストが必要となるが、前に出したカードの分だけ割引もある。人材カードで必要なスキルを揃えたらプロジェクトカードをゲット。この合計得点を競う。

人材カードには特殊能力が付いており、ゲームを有利にすすめることができるが、新しい人材カードを置くと上書きされて使えなくなってしまう。誰かが12人の人材カードを置くか、プロジェクトが全て達成するとゲーム終了。

コストとして支払った研究チップは、左どなりのプレイヤーに渡すという「クローズド・ループ・リソース」メカニクスがこのゲームの特徴。両どなりのプレイヤーの動向もゲームの展開を左右する。リソースがどんどん降ってくることで内容に比して展開が早く、短時間で遊べるゲームとなっている。

内容物:人材カード 60枚、プロジェクトタイル 10枚、ハブシート 4枚、リファレンスカード 4枚、研究チップ 20枚、スタートプレイヤーマーカー 1枚、説明書 1枚、歴史上のプロジェクト 1枚

Posted in ゲームマーケット

ゲームマーケット2021春:注目の新作国産ボードゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年秋・今年の大阪に続くゲームマーケット2021春がいよいよ今週末の10日・11日、東京ビッグサイトにて開催される。参加される方は電子チケットの手配はお済みだろうか。

当サイトでは前回の大阪に続き、何を買ったらいいか分からない方の参考になるように、注目度の高い同人創作系ボードゲームを探った。しかし大阪からわずか2週間しか離れていないこともあり、ボードゲーム系のブログ、ポッドキャスト、Youtubeチャンネルで注目の作品をリストアップしているところが少ない。

そこで同人創作ゲームについて詳しい方・積極的な発信をなさっている方にツイッターのDMで「注目の新作・買おうとしている新作」をお聞きすることにした。ご協力いただいたのは、秋山真琴、カワカミ、kurumari上野、サニバ平、太陽皇子、タナカマ、七盤のハム、note@ボードゲーム大好き、のざくに、HAL99、びーている、BoardGameCollege、ボドゲかぞく、マスクド・SG、メンマ、momiの各氏(五十音順)。これに当サイトの管理人の注目作も加えて17人分を集計した。

約100タイトルが挙げられた中、2人以上が言及したのは以下の27タイトル(ブース番号順)。3人以上が挙げたものには◎を付した。カッコ内は頒布されるブース番号・ブース名であり、委託販売の場合もある。土曜のみのところもいくつかあるので注意しよう。

ほとんどは未プレイ段階での注目度なので、実際に面白いかどうかは遊んでみてのお楽しみ。一通りチェックしてみて、気になったものがあったら購入候補にいれてみてほしい。当サイトでは大阪・春と併せて、ゲームマーケット新作評価アンケートを実施する予定だ。