Posted in は行  国産

フォグサイト(Fogsite)

このエントリーをはてなブックマークに追加

見破られるダンジョン

霧が立ち込める古代文明の遺跡を舞台に、1人の「遺跡役」と残りの「探検家」に分かれて戦う1対多ゲーム。ゲームマーケット2019春にSoLunerGから発売され、最後のゲームマーケット大賞を受賞。そして今年、透明シートなど遊びやすいコンポーネントでアークライト社から一般発売された。

遺跡役がついたての陰でタイルを並べて5×5マスの迷路を作り、その中に「衛兵」と他のプレイヤーコマを配置してスタート。探検家役は各自のマップを作るが、はじめは自分のいる1マスしかわからない。どこか1ヶ所に集合して脱出宣言することを目指す。

探検家の手番には方角をひとつ言って、遺跡役がそこが壁か通路かを教えるので、壁なら壁タイル、通路なら通路タイルを配置する。通路だった場合は続けてその先に進むことができるが、壁にぶつかったら手番終了となる。こうしてタイルを並べていくうちに、共通する地形を見つけ、集合場所を探る。5×5マスといっても、その外側には外壁があり、通路内の壁か外壁か最初はわからないから、共通する地形を見つけるのは容易でない。

しかも遺跡役の手番には、衛兵を移動して探検家を攻撃できる。攻撃に成功すると探検家が使うタイルが除去され、脱出する前にタイルがなくなると探検家の敗北となってしまう。攻撃されたときだけ、衛兵の居場所がわかるので、それを手がかりにして次の攻撃を回避したいところだ。遺跡役の手番の前に、探検家は「警戒カード」を仕込んでおくことでタイル除去を防げるが、2回続けて警戒することはできない。

さらに探検家にはそれぞれ固有のキャラクターカードがあり、ゲームの途中で公開して使用できる。壁を指定して内壁か外壁かを聞ける「考古学者」、自分の探検家から一直線方向に内壁がいくつあるか聞ける「破戒僧」などで、組み合わせると遺跡の全容が早く見えてくるだろう。1手番に何マスでも移動できるので、遺跡の全容がわかれば探検家は勝利したも同然である。

探検家のタイルは透明シートにのせて自由自在に動かせるようになったことで、共通の地形が見つけやすくなった。その分、遺跡役が勝つ確率は減ったとも言える。しかし攻撃にするかしないか、右に進むか左に進むか、ゲーム中どこかで勝敗を決める選択を迫られる場面があり、そこまで高まっていくスリルが、まるで映画のようでエキサイティングである。

フォグサイト
ゲームデザイン・明地宙/イラスト・中村尽
SoLunerG(2019年)+アークライト(2021年)
2~4人用/10歳以上/30分

Posted in ドイツ年間ゲーム大賞

ドイツ年間キッズゲーム大賞2021に『ドラゴミノ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ年間ゲーム大賞選考委員会は本日、スタジオ中継にてドイツ年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)の発表と授賞式を行った。審査員のC.シュレビンスキ氏の進行で先月ノミネートされていた3タイトルの中から、『ドラゴミノ(Dragomino)』が大賞に選ばれた。

3月までは幼稚園や小学校で反応を見ることができた昨年と異なり、1年を通して対面ができない中での選考。審査委員会はテストに参加してくれる家庭を募集し、テレビ会議で意見を集約。また従来設けているアドバイザーが、順次再開した施設でテストして情報を提供した。こうして推薦リスト7タイトルと、ノミネート作品3タイトルを選出できたという。

3タイトルのノミネート作品について紹介動画が流れ、各デザイナーにオンラインでインタビューを行った後、大賞が発表された。大賞を受賞した『ドラゴミノ』は、『キングドミノ』のB.カタラと『バイキングの谷』(ドイツ年間キッズゲーム大賞2019)のフォー夫妻(ともにフランス)の共作で、オリジナルはブルーオレンジゲームズ社(フランス)から発売され、今年のフランス年間ゲーム大賞でキッズ部門に選ばれている。

ドイツ年間ゲーム大賞2017受賞作の『キングドミノ』をキッズ向けにしたもので、ドミノタイルを並べて同じ地形がつながると卵がもらえ、裏返してドラゴンキッズだと得点になる。地形によってドラゴンが出る確率が異なり、考えれば考えるところもある。審査委員会は「ファミリーゲームをキッズゲームに作り変えた好例。『キングドミノ』の姉妹作品として、1回遊んだだけで子どもたちがはまってしまうぐらい、面白くてファンタジックな雰囲気を醸し出している。運と思考のバランスが取れているからこそ、子どもたちは何度もドミノの世界に飛び込みたくなるのだろう」とコメントしている。

フォー夫妻は『ストーリーテイラー』もノミネートされている。ノミネート作品3タイトル全て、さらに推薦リスト7タイトル中、3タイトルの合計6タイトルがフランス人デザイナーの作品となっている。

本賞とエキスパートゲーム賞の発表と授賞式は7月19日、ベルリンで行われる。

„Dragomino“ ist das Kinderspiel des Jahres 2021