Posted in 日本語版リリース

ローゼンベルクの漁業ゲーム『ヌースフィヨルド』日本語版、1月中旬発売

ホビージャパンは1月中旬、『ヌースフィヨルド(Nusfjord)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・P.ゼーダー、1~5人用、12歳以上、20~100分(プレイヤー人数×20分)、7000円(税別)。 『アグリコラ』のウヴェ・ローゼンベルクがデザインし、ルックアウトゲ…

Posted in

レイクホルト(Reykholt)

野菜のことばかり考えている アイスランドの首都レイキャビクから北に100kmほどいった村レイクホルト。ここで野菜を育て観光客にご馳走する。ワーカープレイスメントに畑の種まきと収穫という、『アグリコラ』でおなじみのシステムで、テキストのあるカードを少なくして極力シンプルにし、短時間でプレイできるように…

Posted in 日本語版リリース

『カヴェルナ:忘れられた部族』日本語版、12月中旬発売

ホビージャパンは12月中旬、『カヴェルナ:忘れられた部族(Caverna: Vergessene Völker)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク&A.ウィルバー、イラスト・J.G.カヴァ&K.フランツ、1~7人用、12歳以上、30~210分(プレイヤー人数×30分)、4000…

Posted in

スプリングメドウ・春の草原(Spring Meadow)

♪口笛は、なぜ~ 雪だらけの山に草原タイルを並べて春を訪れさせるタイル配置ゲーム。ベルリンのボードゲームカフェ「シュピールヴィーゼ」がU.ローゼンベルクを起用して制作した「パズル三部作」の最後に当たる。 ・第1作『コテージガーデン(Cottage Garden)』のレポート」「庭の回転率を上げるのと…

Posted in 日本語版リリース

ローゼンベルクのパズル三部作ラスト『スプリングメドウ・春の草原』日本語版、9月中旬発売

ホビージャパンは9月中旬、『スプリングメドウ・春の草原(Spring Meadow)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・A.ベークホフ、1~4人用、10歳以上、15分×プレイヤー人数、5600円(税別)。 ベルリンのボードゲームカフェ「シュピールヴィーゼ」がプロデュー…

Posted in 日本語版リリース

『アルルの丘:紅茶と交易』日本語版、3月8日発売

テンデイズゲームズは3月8日、U.ローゼンベルクの2人用ゲームの拡張セット『アルルの丘:紅茶と交易(Arler Erde: Tee & Handel)』を発売した。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク&T.ロレンツ、イラスト・D.ローハウゼン、1~3人用、14歳以上、60~180分、4000円…

Posted in あ行 

インディアンサマー(Indian Summer)

♪照る山もみじ~ 落ち葉タイルを自分の林床に敷き詰めるパズルタイル配置ゲーム。『コテージガーデン』の後継作として昨秋、ベルリンのボードゲームカフェ「シュピールヴィーゼ」から発売された。『パッチワーク』『オーディンの祝祭』などローゼンベルクが近年取り組んでいるパズルタイル配置ゲームで、二重にタイルを配…

Posted in

カヴェルナ:洞窟対決(Caverna: Höhle gegen Höhle)

洞窟のシステム構築 ローゼンベルクは重量級ヒット作品を2人ゲーム化しており、『アグリコラ:牧場の動物たち (2012年)』『ル・アーブル:内陸港 (2012年)』と成功を収めてきた。本作のエッセンスを継承しつつ、新しいプレイ感を加え、短時間で遊べるという見事なデザインを披露している。これに続き、『ア…

Posted in

ヌースフィヨルド(Nusfjord)

魚はみんなのために スウェーデンの漁村で、漁業会社を経営するボードゲーム。U.ローゼンベルクのシュピール’17新作で、スカウトアクションでは「規定票数に届かなかったものの評価の高かった作品」として挙げられている。ローゼンベルクお得意のワーカープレイスメントと、森の開墾と建物の建設に、株券…

Posted in 日本語版リリース

『アグリコラ:5-6人用拡張セット』日本語版、4月下旬発売

ホビージャパンは4月下旬、『アグリコラ:リバイズドエディション』を6人まで遊べるようになる拡張セット『アグリコラ:5-6人用拡張セット』日本語版を発売する。デザイン・U. ローゼンベルク、アートワーク・K. フランツ、5~6人用、プレイ人数×30分、12歳以上、4800円(税別)。プレイするためには…