『アグリコラ:コルバリウスデッキ』日本語版、1月中旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは1月中旬、『アグリコラ:コルバリウスデッキ(Agricola: Corbarius Deck)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U. ローゼンベルク、アートワーク・K. フランツ、1~6人用、12歳以上、30分×プレイ人数、2200円(税込)。プレイするためには『アグリコラ:リバイズドエディション』が必要。

2016年にリニューアルしされた『アグリコラ』に120枚のカードを追加する拡張セット。『アルティフェクスデッキ(Artifex Deck)』『ブーブルクスデッキ(Bubulcus Deck)』に続く第2弾となる。デッキ名はラテン語で「かご編み」の意味。オリジナルは2019年に発売された。

残りラウンド数の食料を支払って部屋がなくても家族を増やせる「愛人」、ストックと畑の小麦を得点と食料にできる「クラフトビール醸造所」など多彩な効果で新たな戦略が楽しめる。

カードにはデッキ名のイニシャルを取って「C」と記されているが、このデッキだけでも、ほかのデッキと混ぜてもプレイできる。

内容物 カード120枚(小さい進歩60枚、職業60枚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。