リソースマネージメントで村を発展『ハラータウ』日本語版、12月下旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは12月下旬、『ハラータウ(Hallertau)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・L.ジーグモン、1~4人用、12歳以上50~140分、9800円(税別)。

ローゼンベルクがデザインし、ルックアウトシュピーレ(ドイツ)が今秋発売した新作。同社のローゼンベルク作品は『ヌースフィヨルド』以来3年ぶりとなる。ドイツ最大のホップ生産地であるハラータウ地方を舞台に、農作物の栽培と羊の飼育で村を発展させるワーカープレイスメントゲーム。

労働者を20あるアクションスペースに配置してアクションを実行することでゲームは進行する。すでに使われたアクションスペースも使えるが、そのためには労働者を多く置かなければならない。『炭鉱讃歌』に見られたソフトブロッキングを採用している。

アクションでは畑を入手し、ホップ・大麦・亜麻・ライ麦を植え、羊を育てて羊毛・ミルク・肉・毛皮を手に入れ、これらのセットコレクションで5つの作業所を発展させる。作業所が全てスライドすると村の公民館もあわせてスライドし、ワーカーが増えたり勝利点が入ったりする仕組みだ。

作業所の前には漂石が立ちはだかっており、工具を使ってずらさなければならない。また羊には寿命があり、延命しないと途中で死んでしまう。畑はニ圃式農業をモチーフにしており、栽培すると収穫量が落ち、休ませると回復する。

最大の特徴は、さまざまな効果を持つ300枚超のカードから毎ゲーム135枚が使われ、手番中であってもなくてもいつでもプレイできるというところだ。リソースを別のリソースや勝利点に変換したり、ある状況を満たしていればボーナスがもらえたりする。手札のカードを見てコンボを考え、クリエイティブなプレイができる。

ゲームは6ラウンドにわたってプレイされ、最も村を発展させたプレイヤーが勝者となる。さまざまな得点手段があり、カードデッキの組み合わせによって展開も大きく変わる作品。ローゼンベルグの「今」が楽しめる。

内容物:アクションボード 1枚、畑タイル 28枚、工具チップ 40枚、スタートプレイヤーマーカー 1枚、得点計算用紙 1冊、カード 336枚、労働者キューブ 80個、羊コマ 30個、木製の品物マーカー 144個、公民館ボード 4枚、公民館タイル 4枚、作業場タイル 20枚、漂石チップ 40枚、厩舎ボード 4枚、畑ボード 4枚、宝石箱タイル 4枚、宝飾品マーカー 4枚、概要タイル 4枚、付録付きルールブック 24ページ1冊


(写真は英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です