ニュルンベルク’12新作情報:ハンス・イム・グリュック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンス社は軽めのゲームと、恒例のカルカソンヌ拡張を準備しています。カルカソンヌ拡張は小箱が一挙に6タイトルとこれまでにない作り方です。
サンタクルーズサンタクルーズ(Santa Cruz)
C.A.カサソラ作、2〜4人用、8歳以上、45分。
南太平洋ソロモン諸島の火山島が舞台です。ここを開拓使にきたプレイヤーは、家や教会や灯台を作り、貴重な資源を開発します。移動カードと得点カードによって、先の先を読んで開拓しなければなりません。しかし、せっかく建設した建物が、ラウンドの最後に火山の噴火でなくなってしまいます。次のラウンドは災害によく学んで対策を立てましょう。第2ラウンドの終わりでも噴火する火山で生き残り、得点の多い人が勝ちです。

カルカソンヌ:ミニ拡張シリーズ(Carcassonne: Minis)
K.J.ヴレーデ作の『カルカソンヌ』に6つの小箱拡張が一挙に発表されます。1箱3ユーロ。全種類購入すると特典タイルがもらえます。
『王の特使(Die Depeschen des Königs)』はスコアボードに新しい得点コマが登場します。『小舟(Die Fähren)』は川と道をつなぐ船、『飛行機(Die Fluggeräte)』はどこに移動するか分からない手下コマとなり、『金鉱(Die Goldminen)』は集めれば集めるほど得点になる金が手に入ります。『盗賊(Die Räuber)』はほかのプレイヤーの得点を盗み、『魔法使いと魔女(Magier und Hexe)』では都市や道の得点が2倍になったり半分になったりします。
カルカソンヌミニ拡張シリーズ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です