オインクゲームズは11月24日、ゲームマーケット2018秋にて『トリックと怪人(Tricks and the Phantom)』を一般発売する。ゲームデザイン・齋藤隆、アートワーク・佐々木隼、2~4人用、9歳以上、15分、2200円(税別)。ゲームマーケット会場(エリア5)で試遊・購入可能(特別価格2000円)。

オリジナルはゲームマーケット2017秋でBrainBrainGamesから袋入り発売されたカードゲーム。ゲームマーケット大賞2018の優秀作品に選ばれている作品が、新パッケージでリメイクされる。謎の事件の捜査官となって犯人を探し出すが、容疑者の中には正体を偽る「怪人」が紛れており、捜査を撹乱する。

ゲームは人物カードを各自2枚ずつ配り、1枚を伏せて出し、その中で誰が犯人かを指差していくだけ。基本的には一番数字の高い人物が犯人で、カードを出したときにだいたいの強さ(3段階)も示されるが、それぞれ特殊効果があり、どんでん返しも起こりうる。犯人の予想は順番に行うので、ほかの人の予想がヒントになることもあるだろう。

さらに「怪人」はだいたいの強さを偽ってよいため推理は混迷を極める。間違って「怪人」を指差してしまうと勝利点を奪われてしまう。はたして「怪人」はいるのかいないのか、いるとしたらそれは誰なのか、それを見極めた者でなければ犯人にはたどり着けない。

全員が予想したらカードをめくり、どの人物が犯人だったかを確かめる。当てた人数によって得点が変わり、残り1枚の手札で2回目を行う。これを繰り返して規定点に達した人が勝つ。

少ないカード枚数とシンプルなルールからは想像できない推理小説のような展開が待っている。短時間で手ごたえある推理が楽しめる、ミステリー・カードゲームだ。

内容物:カード11枚、サマリー4枚、得点チップ計25枚、虫めがねチップ4枚、情報トークン3種12枚、遊び方説明書(日本語・英語)

オインクゲームズ:トリックと怪人

pandemicfrJ.jpgホビージャパンは12月中旬、協力ゲーム『パンデミック:ローマの落日(Pandemic: Fall of Rome)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.リーコック&P.モリ、イラスト・A.カナーニ&O.ローソン&A.マイネズ、1~5人用、8歳以上、45~60分、5000円(税別)。拡張セットではなく、単品でプレイ可能。また限定生産で再版はされない予定。

『パンデミック:イベリア』『パンデミック:ライジングタイド』に続く歴史テーマシリーズ第3弾。古代ローマ帝国が舞台で、5世紀初頭から数十年に及ぶ政治的腐敗、経済的危機、軍隊の疲弊、好戦的な蛮族の襲撃から帝国を救う。デザインには『パンデミック』の作者であるリーコックと、『アウグストゥス』や『ヴァスコ・ダ・ガマ』など歴史もので定評があるイタリア人デザイナーのモリがあたった。

各プレイヤーは執政官、商人、女祭司など特殊能力を持つ役割になり、帝国が制圧される前に5つの蛮族―アングロ=サクソン、フランク、ヴァンダル、西ゴート、東ゴート―と同盟するか、またはそれらの蛮族を殲滅することを目指す。その前にローマなどの都市が略奪されるか、いずれかの蛮族がローマの領土を蹂躙するか、帝国の資源が尽きた場合、全員の敗北となる。

難易度レベル調整や、上級者向け選択ルール「ローマは世界の首都なり」、ソリティアルールも用意。おなじみの連鎖反応システムに新しいシステムを加えた作品だ。

内容物:ゲームボード1枚、戦闘ダイス3個、役割カード7枚と  プレイヤーコマ7個、プレイヤーカード70枚、参照カード7枚、蛮族カード49枚、蛮族コマ100個、軍団コマ16個、砦コマ6個、同盟マーカー5個、侵略頻度マーカー1枚、衰退マーカー1枚 ほか

『ドラえもん 立体地球大探検ゲーム』11月10日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

バンダイは11月10日、立体型ボードゲーム『ドラえもん 立体地球大探検ゲーム』を発売した。2~5人用、6歳以上、30~60分、4,298円(税込)。

海底・地上・宇宙の3段あるエリアでお宝カードを集め、障害物をよけて頂上のドラえもん惑星を目指す。ドラえもんの頭にある惑星ルーレット投入口にボールを入れて、落ちた場所のルーレットマスの数だけコマを進め、止まったマスの指示に従い、お宝カードを手に入れる。全員がゴールした時にアイテムカードの合計ポイントが最も多いプレイヤーの勝利。 

途中には下のエリアに落ちる落とし穴や、当たるとお宝カードを失う隕石が待ち受ける。1~6で好きな数進めたり、落とし穴を回避したりできるどこでもドアなど、ゲームを有利に進めるひみつ道具カードで戦略的にゲームを進めよう。

制作にはゲームデザイナーの中村誠氏が関わっている。

内容物:本体1セット、ゲームボード3枚、プレイヤーコマ5体、隕石1個、ルーレットボール2個、お宝カード66枚、ひみつ道具カード25枚、謎の少女・謎のトレジャーハンターチップ10枚

『スピードワゴンの月曜The NIGHT』で5回目のボードゲームSP

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

11月13日放送のインターネットTV番組『スピードワゴンの月曜The NIGHT』は、「秋の夜長にボードゲームSP」と題してボードゲーム5タイトルをプレイする様子が放送された。この番組でボードゲームが取り上げられるのは5回目。

ルール説明とゲーム進行は毎回恒例、ボードゲーム芸人のいけだてつや氏。見分けのつかないコマを取る『ミスターダイヤモンド』(絶版)、見かけだけで犯人をプロファイリングする『アンユージュアルサスペクツ』、同じ色や形がくっつかないようにして上から板を落とす『ドロップイット』、並んだカードをかまないですばやく読み上げる『トマトマト』、演技力で言葉のニュアンスを伝える『ベストアクト』が紹介された。一緒に遊んだゲストは岩井勇気氏(ハライチ)と、荻野由佳氏(NGT48)。

限られた時間内で数多く紹介するためアレンジルールもよく、またスピードワゴンのふたりが自らルールを付け加えたりして存分に楽しんでいた。いけだ氏はルール説明だけでなく、ゲーム中の盛り上げ役や参加者の発言へのツッコミも上手で、小沢氏から「自然に聞いてたけどおまえすごいな!」とお褒めの言葉。最後に荻野由佳氏が『ベストアクト』の番組オリジナルお題「好き」に挑戦している。

番組は放送終了後も下記のリンクから無料で視聴できる。

Abema.tv:スピードワゴンの月曜The NIGHT#133~第五回ボードゲームで遊ぼうSP~

リンクフリー このバナーをお使いください