bluemooncityJ.jpgホビージャパンは5月下旬、『ブルームーンシティ(Blue Moon City)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・N.フルクトゥス、2~4人用、14歳以上、30~50分、6000円(税別)。

種族ごとに違うデッキで戦う2人用カードゲーム『ブルームーン(2004年、日本語版は『ライナー・クニツィアのブルームーン:レジェンド』)』のボードゲーム版として2006年にコスモス社(ドイツ)から発売され、同年、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた作品(大賞は『郵便馬車』)。昨年秋にCMON社(シンガポール)がアートワークも新たにリメイクしたものが、今回日本語版として発売される。

8種類の種族の力を借りて、荒廃した都市を再建する。モジュラーボードの上で自分のコマを移動させ種族カードをプレイして建物にマーカーを置く。その建物のマスが全て埋まったら修復完成で、建設に協力した全員に報酬、一番多くマーカーを置いていた人に特別報酬が入る。カードは建物の建設だけでなく、ドラゴンを呼び寄せたり、自分のコマの移動距離を伸ばしたり、カードの色を変えたりできる特殊能力がある。

報酬でもらえる水晶を集め、規定数のオベリスクに捧げ物を先に済ませたプレイヤーが勝者となる。

各プレイヤーのコマは全て異なるミニチュアで、ドラゴンのミニチュアも刷新。8つの種族の美しいイラストで15年ぶりの再登場だ。

内容物 プレイヤーミニチュア4個、プレイヤーマーカー40個、ドラゴンフィギュア3個、フィギュアの台座3個、両面印刷のタイル25枚、種族カード80枚、オベリスク1枚、トークン類57個、ルールブック1部

リンクフリー このバナーをお使いください