名作リメイク『ヒストリー・オブ・ザ・ワールド』日本語版、6月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

historyoftheworldJ.jpgアークライトは6月28日、『ヒストリー・オブ・ザ・ワールド(History of the World)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・G.ディッケン&S.ケンドール&P.ケンドール、3~6人用、14歳以上、120~180分、9500円(税別)。

アバロンヒル社(アメリカ)から1991年に発売されたゲーマーズゲームを今年、ズィーマンゲームズ(カナダ)がリメイクして新版にしたもの。ルールを改良し、イラストを一新し、コンポーネントが豪華になっている。

文明の幕開けから20世紀までの長いスパンでゲームは行われる。各プレイヤーはそれぞれの時代で自分の帝国を担当し、周囲の地域へ侵攻し、記念碑の建設などによって繁栄を目指す。

軍隊コマを隣接するエリアに置いて戦争を仕掛け、ダイスで勝敗を決めるが、帝国の特殊能力、地形による有利不利やイベントカードによる逆転がある。資源を取れるところを押さえれば記念碑を建設できる。占領したエリアや記念碑が得点となり、次の時代へと移る。こうして7つの時代の総合得点が最も高価いプレイヤーが勝利する。

内容物:軍隊コマ150個、首都/都市コマ24個、記念碑コマ20個、ゲームボード1枚、カタパルトコマ1個、砦コマ14個、帝国カード40枚、イベントカード40枚、戦闘ダイス4個、エリアタイル32個、得点マーカー6個、包囲トークン15個、艦隊/隊商マーカー6個、ルール説明書1冊(※カードサイズ58mm×89mm)

historyoftheworldJ2.jpg

青森八戸にプレイスペース「ポンポン」6月1日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

青森・八戸に6月1日、ボードゲームのプレイスペース「ポンポン」がオープンする。JR本八戸駅徒歩15分(バス停・十三日町徒歩3分)、11:00~19:00、火曜休。

弘前のTriple(とりぷる)、青森のハッピーゲーム青森に続き県内3番目となるボードゲームカフェ・バー・プレイスペース。200種類以上のボードゲームを遊ぶことができる。料金は1時間大人500円(最大2000円)、高校生以下400円(最大1500円)。飲食物はアルコールを除き持ち込み自由。

秋山賢治店主は、開店のきっかけとして「ボードゲームを教えてもらい楽しかったのはもちろんですが、子供やご年配の方の脳の発達や活性化にも繋がり、人と人とのコミュニケーションをとれるツールとしてとても良い物だと感じ、みなさまに知っていただきたく始めることにしました」という。

本日と明日、内覧会が行われる。11~19時まで。

ボードゲームスペース ポンポン
青森県八戸市十三日町16-6F
[Twitter ]

『アンロック! シークレットアドベンチャー』日本語版、6月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

unlocksaJ.jpgホビージャパンは6月下旬、『アンロック! シークレットアドベンチャー(Unlock! Secret Adventures)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.デュマ、イラスト・A.ドゥマ、2~6人用、10歳以上、60分、4500円(税別)。プレイするには、AndroidまたはiOSデバイス(タブレットかスマートフォン)が必要。

スペースカウボーイズ社が贈る、卓上で本格的脱出ゲームが楽しめる『アンロック!』シリーズ第3弾。オリジナルは昨年冬に発売された。チュートリアルと、それぞれカード60枚以上で構成される3つの冒険シナリオ「ノーサイド物語」「ツームストーン急行」「オズの冒険者たち」が入っている。

プレイは同梱のカードセットと無料アプリをインストールしたiOSデバイス(プレイ中にインターネット接続は不要)を用いて行う。カードをよく観察して現場を捜索し、物品を組み合わせてパズルを解き明かしていく。3つのシナリオは今回も変化に富んでおり、さまざまなシチュエーションで脱出ゲームに挑戦できる。

内容物:ルールブック1冊、チュートリアル(カード10枚)、カード186枚、厚紙製トークン、オズの地の地図

リンクフリー このバナーをお使いください