archaeology-newJ.jpgホビージャパンは8月下旬、『考古学カードゲーム(Archaeology: The New Expedition)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ウォーカー=ハーディング、イラスト・A.カナーニ、2~5人用、10歳以上、30分、2200円(税別)。

『クマ牧場』や『イムホテップ』など、骨太のドイツゲームテイストで人気のあるオーストラリア人デザイナー・ウォーカー=ハーディングのデビュー作を2016年にズィーマンゲームズがリメイク。旧版からイラストが変わっただけでなく、テント、6種類の遺跡、新たな工芸品が加わった。

プレイヤーは古代の遺跡を発掘する考古学者となり、財宝を発見して博物館に売却し、それによって最も多くのお金を得る。手番には山札からカードを1枚引いて、財宝や地図ならば手札に入れ、泥棒ならばほかのプレイヤーの手札から盗み、砂嵐なら全員の手札が半減する。その後、手札と場札を交換したり、地図で遺跡を調査したり、財宝のセットを作って博物館に売却したりする。ゲーム終了時に最も多くのお金を持っているプレイヤーが勝者。

泥棒や砂嵐のリスクを考えて、どこまで財宝を集め、どの時点で売却するか、スリルあふれる発掘が楽しめるカードゲームだ。

内容物:カード106枚、遺跡タイル6枚、ルールブック

熊本にボードゲームバー「Bar Delfin」7月16日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

熊本に7月16日、ボードゲームと謎解きゲームが楽しめるバー「Bar Delfin(バー・デルフィン)」がオープンした。路面電車花畑町電停徒歩2分、21:00~30:00(昼間の時間外団体予約も応相談で可)、不定休。

ボードゲームに興味をもっている人を趣味として根付かせるため、その人にあったゲームのチョイスと、しっかりしたインストを心がける。カウンター5席、テーブル8席でボードゲーム40種類(近日中に60種類)が遊べる。初心者やライト層向けのルールが簡単なゲームが多め。

料金はフリードリンク制で平日1時間1500円、金土祝前日1時間2000円(女性1500円)で1時間毎に700円プラス(5時間まで)。飲み物はウイスキー3種、ビール2種、焼酎4種、カクテル5種、ソフトドリンク10種が用意されている。

岡店長によると、ゲームを前面に押し出さず、従来の愛好者も初めての方も一緒に楽しめるようなお店を目指すという。今後はフォロワー向けの特典や、常連さんが増えればゲーム会の日を設けることも検討している。

Bar Delfin
熊本市中央区花畑町12-8 銀杏会館2階
[Twitter ]

whooshJ.jpgアークライトは8月23日、『ウーシュ!!:ぼくら幻獣バスターズ(Whoosh: Bounty Hunters)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.K.マヴラガニス、イラスト・T.ラレク、2~8人用、8歳以上、10分、2700円(税別)。

アーティピアゲームズ(ギリシャ)から昨年発売された判断とスピードのアクションゲーム。王国のいたるところに現れたかわいいモンスターたちを捕まえよう。

各プレイヤーは自分の前に攻撃カードの山札をもっている。中央にはモンスターカードが3つの山札になっており、1枚ずつ表になっている。モンスターによって、捕まえるために必要な武器や呪文が異なる。プレイヤーは山札から攻撃カードをめくっていき、表になっている攻撃カードの組み合わせでモンスターを捕まえられると思ったら、すばやくそのカードに手を乗せる。先に手を乗せたプレイヤーがモンスターを捕まえて得点になる。お手つきは減点。

こうしてモンスターカードの山札がなくなったらゲーム終了で、得点の最も高いプレイヤーが勝利する。モンスターによってはたくさんの攻撃カードが必要になるものもあり、しかも常に複数のモンスターがいることで、なかなか手こずりそうなパターン認識ゲームだ。

内容物:モンスターカード36枚(カードサイズ:80mm×120mm)、攻撃カード108枚(カードサイズ:80mm×80mm)、ルール説明書1枚

whooshJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください