JavaScriptを有効にしてください。
Please enable JavaScript!
antiblock.org

Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト

lastauroraJ.jpgアークライトゲームズは12月17日、『ラストオーロラ(Last Aurora)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.キアボット、イラスト・S.クルー、1~4人用、13歳以上、60~90分、6800円(税別)。

ペンドラゴンゲームズ(イタリア)がキックスターターを経て今秋発売する作品。世紀末を舞台に、武装したモンスタートラックで氷に閉ざされた終末世界から脱出することを目指す。

大戦の放射能の粉塵で氷の砂漠となった北の国では、資源が枯渇し、南への旅は長すぎて危険となっていた。そこに最後の砕氷船オーロラ号が生存者を探して海岸を巡航しているという無線が入る。冬が近づいており、船に乗れない者は数日後、死が待っている。

各プレイヤーは、ワーカープレイスメントで資源を集め、生存者を募集し、トラックを改良し、手遅れになる前に船に到達しなければならない。その要となるのがハンドマネージメントによるトラックの改良だ。

移動に使うトラックは武装・収納・速度などいろいろな要素が改造できる。強力なトラックならば、弾薬、食料、燃料といった資源をかき集め、災害や野盗などさまざまな障害にも対処できるだろう。危険を冒して資源を得るのか、リスクは避けて先を急ぐのか、数々の決断を迫られる。

内容物:両面仕様の進路ボード 1枚、プレイヤーボード 4枚、オートマボード 1枚、カード 117枚、カウンター類 82個、トークン 40個、プラスチック・コマ 37個、ルール説明書 1冊、プロモ・カード 43枚

lastauroraJ2.jpg

capcakeacaemyJ.jpgアークライトゲームズは12月17日、『カップケーキ・アカデミー(Cupcake Academy)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.ムーラン、イラスト・S.ドゥシー、2~4人用、8歳以上、10分、3300円(税別)。

ケーキカップを使ったリアルタイム協力ゲーム。『ゴーゴージェラート』『ドクターエウレカ』『ドクタービーカー』『ドクターミクロベ』といったリアルタイムアクションゲームを送り出してきたブルーオレンジゲームズ(フランス)の今秋の新作だ。

砂時計をひっくり返してスタート。オーダーカードを1枚山札からめくり、指示された通りにカップを並べたら次のお題へ。規定枚数のオーダーを7分の制限時間内に達成できれば全員の勝利となる。

オーダーカードは人数分の区画に分けられ、各プレイヤーが1区画ずつ担当する。区画には3枚のお皿に、ケーキカップが5層に重ねられている。このケーキカップを移動してお題の色が見えるようにするわけだが、プレイは片手で行い、サイズが小さいカップの上にしか重ねることができない。

自分の前にある3枚のお皿のほか、全員共通の中央のお皿を使うことができ、これによってほかのプレイヤーとカップを受け渡しできる。有名パズルゲーム『ハノイの塔』のようなパズル思考と、手先の器用さの両方が求められ、さらに上級では「利き手と反対の手」「しゃべらない」といった制限に挑戦することもできる。

内容物:ケーキカップ 20個、プレート 12枚、共用プレート 1枚、オーダーカード 60枚(直径100mmの円形)、スコアカード 1枚(90x90mm)、7分砂時計 1本、ルール説明書 1冊

meimei.jpg幻冬舎は12月11日、命名コミュニケーションゲーム『メイメイ』を発売する。ゲームデザイン&イラスト・error403、3~6人用、8歳以上、15分、1600円(税別)。

「エラーくん」と呼ばれるキャラクターや、書籍の装画、アニメーション制作など幅広く活動するクリエイターerror403氏が手掛けたカードゲーム。

親が山札から引いたカードにほかのプレイヤーに見せないで名前をつけ、山札からさらにカードを引いて、その名前をつけたのかどのカードだったか、ほかのプレイヤーに当ててもらう。「ターゲットヒント」メカニクスを用いており、「正解者とハズレがどちらもいる場合」でないと得点が発生しないため、「誰かひとりは分かってくれるだろう」という絶妙な命名を目指さなければならない。

「飼い猫の名前」「古代アステカのそろばん」「海外アニメーションのキャラクター」「ゴリラ相撲の決まり手」など、想像力を掻き立てられるお題カード100枚にはそれぞれerror403氏のイラスト付き。言葉のフィーリングのマッチングが楽しめる。2人からでも遊べる特別ルールも収録。

幻冬舎:メイメイ

リンクフリー このバナーをお使いください