ドイツゲーム賞2023上位3作品発表、1位はシュピールにて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボードゲームメッセ「シュピール」を運営するフリードヘルム・メルツ社(ドイツ)は本日、34回目となるドイツゲーム賞(Deutscher Spiele-Preis)の上位3作品を発表した。『ドーフロマンティック』『ヒート』『プラネットアンノウン』の3タイトルから、10月のエッセン・シュピールにて1位が発表される。

dsp2023-top3

ドイツゲーム賞は、前年の秋から当年の春までに発売された新作を対象として、はがき、インターネット、用紙による一般投票で選ばれている。5タイトルまで記入する方式で、毎年フリーク向けの作品が選ばれる傾向にある。昨年は『アーク・ノヴァ』、一昨年は『アルナックの失われし遺跡』が受賞した。

従来はこの時期に1位までのランキングが発表されていたが、今年初めて、上位3タイトルを順不同で発表し、1位をエッセン・シュピール会期中に発表するという方式に変更。またベストキッズゲーム(Deutcher Kinderspielepreis)も同様の方式になった。

上位3位の『ドーフロマンティック』は年間ゲーム大賞受賞作品で、1位になれば『アズール』以来5年ぶりのダブル受賞となる。『ヒート』は年間大賞のリストにも入っておらず、『プラネットアンノウン』は年間エキスパート大賞にノミネートされている。日本語版はいずれも発売済みまたは発売予定。ベストキッズゲームについては、年間キッズゲーム大賞のノミネート3タイトルと完全一致という結果になった。

4位以下は順位確定で発表され、年間エキスパート大賞の『チャレンジャーズ!』が7位に入っている。『リバイブ』など、発売時期の関係で来年度の対象になっているものもある。

【ドイツゲーム賞2023上位作品】
1~3位(五十音順):
ドーフロマンティック(Dorfromantik / M.パルム&L.ツァッハ / ペガズスシュピーレ)
ヒート(Heat / D.S.ペダーセン&A.H.グラーネル / デイズオブワンダー)
プラネット・アンノウン(Planet Unknown / R.ランバート&A.レーベルク / ストローマンゲームズ)
4位:アース(Erde / M.ターディフ / スケリッヒゲームズ)
5位:マラケシュ(Marrakesh / S.フェルト / クイーンゲームズ)
6位:ウッドクラフト(Woodcraft / R.アーノルド&V.スヒー / デリシャスゲームズ)
7位:チャレンジャーズ!(Challengers / J.クレナー&M.スラヴィシェック / ワンモアタイムズゲームズ)
8位:ネクストステーション・ロンドン(Next Station London / M.ダンスタン / HCMキンツェル)
9位:ヒットスター(Hitster / M.カールソン / ジャンボシュピーレ)
10位:ティルトゥム(Tiletum / S.ルチアーニ&D.タッシーニ / ジャイアントロック)

ベストキッズゲーム
1~3位(五十音順):
ギガモン(Gigamon / K.アウィダド&J.ルーセル / ミラクルス)
キャルラ・キャラメル(Carla Caramel / S.ザリアン / フッター)
ミステリウム・キッズ(Mysterium Kids / A.ボカラ&Y.ヒルシュフェルト / リベルー)

Spiel Essen: Deutcher Spielepreis

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。