木を育てて製品へ『ウッドクラフト』日本語版、6月19日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数寄ゲームズは6月19日、『ウッドクラフト(Woodcraft)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:V.スヒィ&R.アーノルド、イラスト:M.ペイヒル、1~4人用、12歳以上、60~120分、8800円(税込)。

オリジナルは昨秋、デリシャスゲームズ(チェコ)から発売された作品。ゴールデンギーク賞のヘビーゲーム部門にノミネートされた。森の工房で、木材を集め、助手を雇ったり、工房を改良したり、道具を増やしたりして、顧客のために家具や楽器などを作るセットコレクションゲーム。

手番にはアクションホイール上にある7枚のアクションタイルから1枚を選んでアクションを行う。頻度が低いアクションはボーナスがもらえる仕組み。アクションでは、木材を売買し、その他の材料を購入して製品を作る。助手を雇って特殊能力を得たり、樹木を植えたり、工房を改良して生産性を上げたりすることもできる。

材木はダイスで表されるが、数量のカウンターとして扱われ、切り分けたり、成長したりするときに目を変える。材木や助手はプレイヤーボードに置かれ、収入トラックはヘーゼルナッツ(勝利点)、ブルーベリー(貨幣)、評判の3パラメータで管理される。

規定ラウンドでゲーム終了となり、最終決算を行って勝利点勝負。森一番の木工職人になるのは誰か?

ウッドクラフト日本語版

woodcraft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。