ドイツゲーム賞2022に『アーク・ノヴァ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボードゲームメッセ「シュピール」を主催するフリードヘルム・メルツ社(ドイツ)は本日、33回目となるドイツゲーム賞(Deutscher Spiele Preis)を発表した。一般愛好者の投票により、『アーク・ノヴァ(Arche Nova)』が1位に選ばれた。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞では推薦リスト止まりだったが、ゴールデンギーク賞で大賞、国際ゲーマーズ賞にノミネートされており、今年のゲーマーズゲームの最注目作となっている。

ドイツゲーム賞は、前年の秋から当年の春までに発売された新作を対象として、はがき、インターネット、用紙による一般投票で選ばれている。5タイトルまで記入する方式で、毎年フリーク向けの作品が選ばれる傾向にある。昨年は『アルナックの失われし遺跡』、一昨年は『ザ・クルー』が受賞した。

今年1位となった『アーク・ノヴァ』は、動物園を整備して動物を飼育し魅力を上げるとともに、環境保全にも力を入れるタイル配置&カードプレイゲーム。フォイヤーラントから昨秋発売され、日本語版はテンデイズゲームズが取り扱っている。

2位にはドイツ年間ゲーム賞の『カスカディア』、3位にはエキスパートゲーム賞ノミネート作品の『デューン』が入った。日本発の作品でドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた『スカウト』が8位。日本人作品の入賞は、『ラブレター』(2014年、4位)、『街コロ』(2015年、8位)に続いて7年ぶり3回目。日本語版が発売されている作品は今回初めて、10位内全作品となった。

同じく投票で選ばれるドイツキッズゲーム賞には『クアックスと仲間たち』が選ばれた。授賞式は、エッセン・シュピール会期中に行われる見込み。

【ドイツゲーム賞2022】

1位:アーク・ノヴァ
(Arche Nova / M.ヴィッゲ / フォイヤーラント)

2位:カスカディア
(Cascadia / R.フリン / フラットアウトゲームズ+AEG+コスモス出版)

3位:デューン 砂の惑星:インペリウム
(Dune: Imperium / P.デネン / ダイヤウルフ+アスモデ)

4位:リビング・フォレスト
(Living Forest / A.クリスチャンセン / ペガズスシュピーレ)

5位:赤の大聖堂
(Die Rote Kathedrale / S.サントス&I.センドレロ / コスモス出版+デヴィルゲームズ)

everdellJ.jpg

6位:ウィッチストーン
(Witchstone / M.キアッキエラ&R.クニツィア / R&Rゲームズ+フッフ!)

7位:ビヨンド・ザ・サン
(Beyond the Sun / D.K.チャン / ストローマンゲームズ)

German Cover

8位:スカウト
(Scout / 梶野桂 / オインクゲームズ)

9位:ゴーレム
(Golem / F.ブラシーニ&V.ジッリ&S.ルチアーニ / クラニオ・クリエーションズ+アスモデ)

Gloomhaven: Jaws of the Lion

10位:テラフォーミング・マーズ・カードゲーム:アレス・エクスペディション
(Terraforming Mars: Ares Expedition / J.フリクセリウス&N.リトル&S.エンゲルステーン / シュヴェアクラフト出版)

【ドイツキッズゲーム賞2022】

Dodo, KOSMOS, 2020

クアックスと仲間たち
(Mit Quacks & Co. nach Quedlinburg / W.ヴァルシュ / シュミットシュピーレ)

Deutscher Spiele Preis:Preisträger 2022

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。