連想ヒントゲーム『死者の日の祝祭』日本語版、7月4日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンビルは7月4日、『死者の日の祝祭(Fiesta de los Muertos)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ボカラ、イラスト・M.ルナール&M.ヴェルドゥ、4~8人用、12歳以上、15分、3520円(税別)。6月10日まで先行販売予約受付中。

オリジナルはオールドチャップ出版(フランス)から2019年に発売された作品で、2020年のフランス年間ゲーム大賞にノミネートされ、8言語で発売されている。プレイヤー間で次々と書き換えられる連想ヒントをもとに、もとのお題を当てる協力コミュニケーションゲーム。

各自、カードで与えられたお題の人物(故人)名を蓋付きのホワイトボードに記入し、その人物から連想されるヒントを書く。これをそれぞれ隣の人に渡し、お題が見えない状態でヒントを見て、そのヒントから連想される言葉を上書きする。

こうしてホワイトボードを回し、次々とヒントを上書きしていって、最後のヒントから、それぞれ元のお題が何だったかを当てる。正解した人数だけ印をつけ、一定数正解するとその人物は蘇ったことになり、全員でできるだけ多くの人物を蘇らせることを目指す。

上級ルールではヒントに物や場所、文字数や最初の文字などの制約が加わり、達成を難しくする。日本語版ならではの人物も入り、広く楽しめる多人数ゲームだ。

ケンビル:死者の日の祝祭 日本語版 先行販売予約

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です