シュピール’12新作情報:ハンス・イム・グリュック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンス社は大賞作家を擁しての出展です。同社では、W.クラマーが『ハチエンダ』、M.キースリングが『ヴァイキング』以来の発表となります。
カッラーラの宮殿カッラーラの宮殿(Die Paläste von Carrara)
W.クラマー、M.キースリング作、2〜4人用、10歳以上、60分。
『アサラ』で健在ぶりを印象づけた年間ゲーム大賞デザイナーコンビの最新作。イタリアのトスカーナ地方を舞台に、世界的に有名な大理石を入手し、宮殿や教会などの美しい建物を作ります。しかし良質の大理石は高価ですし、かといって悪い大理石では満足してもらえません。ほかのプレイヤーがいつどのように仕事をするかよく目配せをしておきましょう。高い名声を得たプレイヤーの勝利です。
あやつり人形(Ohne Furcht und Adel)
B.フェイドゥッティ作、2〜7人用、10歳以上、90分。
2000年にドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされ、日本語版も発売されている正体隠匿系カードゲームがリメイクされます。手札を交換する予言者、王様がいなければ王様になれる曲芸師など7種類15枚のカードが建物カードに含まれ、特殊アクションを行うことができます。
ドミニオン:暗黒時代ドミニオン:暗黒時代(Dominion: Dark Ages)
D.X.ヴァッカリーノ作、2〜4人用、13歳以上、30分。
通算7つ目、今年唯一の拡張セットで、廃棄とアップグレードがテーマです。単独では遊べませんが、新しい王国カード35種類の他に、基本カードと一部交換してプレイするカードが入って500枚のセットになっています。ホビージャパンから日本語版が予定されています。
ドミニオンの日々:ドミニオン〜暗黒時代〜 カードレビュー

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です