シュピール’12新作情報:マタゴー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豪華コンポーネントと風変わりなシステムで注目されるフランスのメーカーです。『ルーム25』と『リヴァードラゴン』は、ホビージャパンが日本語ルール付き販売を決定しています。
ルーム25ルーム25(Room 25)
F.ルーズ作、1〜6人用、13歳以上、25分。
今からほんの少しだけ未来。とある国のTV番組「ルーム25」はやらせなしの内容で他局の番組を圧倒し、歴代最高視聴率を叩き出していました。その内容とは、5部屋×5部屋で構成された迷路の中から、唯一脱出できる部屋である「ルーム25」を囚人たちが協力して時間制限までに探し出すというもの。部屋にはそれぞれ恐ろしい危険が待ち構えており、協力してその危険を乗り越えていかなければ、刑が執行され命を落とすことになります。しかも、収録週によっては、囚人に紛れてTV局側が用意した『ガード』が成功を邪魔する場合もあるのです。シンプルなルールの協力型脱出ゲームに、スパイが紛れ込むという推理物の要素が加わった、息詰まる緊張感連続のボードゲームです。短時間で終わり、1人でも遊べるところが特徴です。
ルーム25
ケメットケメット(Kemet)
J.バリオ、G.モンティアージ作、2〜5人用、13歳以上、60分。
同社の『キクラデス』の続編。エジプトの一種族となって、神々の力を使い、肥沃な土地をめぐる戦争に勝つことを目指します。移動、徴兵、祈り、ピラミッド建設、パワーカードの購入などのアクションを選んで実行しますが、アクションはグループ分けされており、どのグループからも1つ以上アクションを行わなければなりません。祈りでポイントを集め、スフィンクスやフェニックスなどのクリーチャーを召喚すれば、さまざまな特殊効果で戦闘を有利にすすめることができます。
ケメット
リヴァードラゴン(Les Dragons du Mekong)
R.フラガ作、2〜6人用、7歳以上、30分。
2000年にデカルト出版から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた『ドラゴンデルタ』のリメイクです。メコン河流域のドラゴン・デルタで、毎年勇敢な若者たちが集まり、板切れと石だけで自分の村から対岸の村まで、いち早く橋をかけてわたりきることを競います。アクションを同時にプロットし、石を置き、橋をかけて反対側に渡ることを目指します。 計画を台無しにするドラゴンカードによって、駆け引きや読み合いが白熱します。リメイクではゲームボードが両面印刷となりました。
TGiW:ドラゴンデルタ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です