ドイツ・メンサ賞に『世界の七不思議』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IQテストで上位2%の成績優秀者のみが入会できる国際団体「メンサ」のドイツ支部は、3回目のドイツ・メンサ賞(MinD Spielepreis)を発表した。会員の投票の結果、『インジーニアス』『パンデミック』に続いて選ばれたのは『世界の七不思議(7 Wonders)』。0.1ポイント差でわずかに『ドミニオン』を引き離した。
対象となったのは2007年から20011年の5年間にドイツで発売されたボードゲーム。運だけのゲーム、知識だけを問うゲーム、キッズゲームは除く。会員が1人5タイトルまで推薦でき、推薦数の多かった上位5タイトルが12月の決選投票にかけられる。
決選投票では『世界の七不思議』が15.5%で2位の『ドミニオン』15.4%をわずかに上回った。3位は『ストーンエイジ』の13.5%、4位は『ビッグ・ペンタゴ(Das grosse Pentago)』9.6%、5位は『トリオビジョン(Triovision)』9.0%。昨年も2位だった『ドミニオン』が昨年に引き続き接戦を繰り広げたが、来年からは過去に5位以内に入ったゲームは除外されることになった。
ほかに、審査員推薦(Spieletipp)としてコスモス社の『ウルル(Ulutu)』と『カミサド(Kamisado)』も選ばれている。
『世界の七不思議』は配られたカードから1枚選んでは、残りをとなりの人に渡す(ドラフト)というようにして、選んだカードを並べて都市を建設するカードゲーム。7人まで遊べるプレイ人数の幅と、何人で遊んでも30〜40分というプレイ時間の短さ、そして軍事、文化、土木、七不思議など、戦略と展開の多様さが人気を呼び、日本語版も発売されている。『ドミニオン』も成し得なかった四冠(ドイツ年間エキスパートゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルトカードゲーム賞、国際ゲーマーズ賞)を達成するなど、2011年のゲーム賞を総なめしている。
Mensa Spielepreis

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です