ゲームマーケット2011秋新作評価アンケート結果、1位は『9Tours』

このエントリーをはてなブックマークに追加

年2回の開催となって秋に初めて行われたゲームマーケット。春のゲームマーケットから半年足らずという短いスパンだったにも関わらず、合計53タイトルの新作が発表されました。
この中でどの作品が面白かったか、当サイトでは昨年の12月2日から今年の1月10日まで、アンケートと実施しました。その結果、有効回答総数172名と前回を上回る多くの方に投票をいただきました。ありがとうございます。
各ゲームの5段階評価を、とても面白い=5〜全く面白くない=1として数値化し、平均の高かった順に並べたものが以下のランキングです。右の数字は評価数を表しています。全投票者の1割にあたる17票以上を掲載しましたが、10位圏内で該当しなかったのは『にゃんぷるレース(にゃんぷる)』3.00/14だけでした。
春のゲームマーケットと比べると全体的に評価は厳しめで、平均で3(普通)を上回った作品は半減。その中で、OKAZU Brandの2タイトルが突出して高い評価を得ています。一番人気だった『9Tours』は「Ninety. & ソンタナオリジナルボードゲームコンテスト」でソンタナ部門の最優秀賞に輝いた作品です。
残念ながらランクインできなかった作品の評価については、製作者からの問い合わせに応じます。フッターのメールアドレスか、左下のツイッターIDからメッセージをお送り下さい。
ゲームマーケット2011秋新作評価(平均)
1.9Tours(OKAZU brand)4.49/72
2.Trick of the Rails(OKAZU brand)4.34/74
3.スローイングトレーダーズ(Hammer Works) 3.90/67
4.見滝原を覆う影(シャドウズ・オーバー・ミタキハラ)(ゾック神社)3.55/42
5.民の見えざる手〜Invisible hands〜(操られ人形館)3.51//57
6.貴族の時代〜メイドパラダイス〜(みさき工房)3.48/62
7.Guild(高天原)3.46//56
8.大商人(カナイ製作所)3.25/59
9.犯人はお前だ!(カジタブリッジ) 3.08/27
10.ジャンケン カードゲーム ファイブ!(ツクルカ)2.97/30
年齢:30代50%、20代36%、40代12%、そのほか2%
性別:男性95%、女性5%
居住地:関東55%、都内28%、東海・近畿12%、そのほか5%
ゲームマーケット参加経験:4回目以上39%、初めて22%、2回目22%、3回目17%
→過去のゲームマーケット新作評価アンケート結果…2005200620072008200920102011

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です