ファンフェア(Funfair)

このエントリーをはてなブックマークに追加

遊園地ゲームを満喫
エッガートシュピーレ社(ドイツ)の創立15周年を記念して、昨秋に発売された遊園地をテーマにしたミニゲーム集。F.フリーゼなど10人のゲームデザイナーと、F.フォーヴィンケルなど6人のイラストレーターが参加した。制作料と売上の一部が、子供募金団体に寄付されることになっている。
アトラクションは全部で8つあり、このうち1ゲームでは4つを遊ぶ。アトラクションごとの順位でくじ引きポイントを手に入れ、最後にくじ引きをして勝者を決めるという次第だ。アトラクションは、アクションあり、ブラフあり、バーストあり、記憶ありとバラエティに富んでいる。
今回遊んだのはまず、ブラフゲームのフォーチュンテラーから。カードを渡して予言をし、相手は受け取るか拒否する。全員が拒否すれば自分で引き取らなければならない。回っているのは「ノーベル賞」などのプラスポイントか、「ヘルペス」などのマイナスポイントか?
2つ目はクレーンゲーム(いわゆるUFOキャッチャー)。2人1組となり、1人がジョイスティック、もう1人がアームとなる。ジョイスティック役が指示をして、アーム役が目隠しして箱の中から宝石をつかみ出す。砂時計が落ちる前に、高得点の宝石をつかみたい。指示していないのに、アームが暴走したりして笑えた。
3つ目はバイキング。できるだけ端の方に乗って、愉快ポイントを集めるのが目標だが、その分スタミナが減る恐れがある。死なないように適度に休憩して、あとは一か八かの勝負である。
4つ目はジェットコースター。こちらも2人1組にとなって、まずは制限時間内にコースカードを覚える。右、左、目を手で覆う、バンザイ、下を向いて「わあああ!」と言う……時間が来たら、、腕を組んで搭乗スタート。2人同時に、覚えておいたアクションをしなければならない。見ている方がおかしい。
今回は選ばなかったが、このほかに、制限時間内に絵柄に合わせてダイスを重ねるリング・ザ・ベル、ダイスをできるだけ早く振ってウマを進める競馬、誰かが脱落するまでカードを出すバンパーカート、悲鳴をもとに皆の怖いものを覚えるゴーストトレインがある。
さて、アトラクションが終わるたびに、くじ引きポイントが順位ごとに与えられる。最後に、これが多い人ほどたくさんくじを引くことができる。でもたくさん引けるからといって勝てるとは限らない。当たりはたった1つだけ。順番に1個ずつ引いていく。ドキドキのフィナーレだ。
かゆかゆさんが4ゲーム中3ゲームで1位という圧倒的な強さを見せたが、最後のくじ運に恵まれず、優勝はくじ引きポイントが3位だったnagaさん。ルールには「勝利が目的ではなく、記念作品として、陽気な友達と一緒に楽しい時を過ごすことに焦点が置かれています。モットーは「過程こそゲームの目的」です。誰が最後に勝つかなどということは問題ではありません。」と書かれている通り、(くじ引きも含め)たくさん笑って楽しめたのでよかった。
Funfair
I.ブラント、M.ブラント、P.エッガート、P.E.アラオイ、F.フリーゼ、M.リーネック、M.シュレーゲル、S.シュタドラー、T.シュターペルフェルト、B.シュトルテ/エッガートシュピーレ(2010年)
3〜6人用/8歳以上/30分

Author: admin

ファンフェア(Funfair)」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です