Posted in レポート

自宅ゲーム会

日曜日に今月2回目となる自宅ゲーム会を開き、tomokさん、くさのまさん、Psy+さんにお越しいただく。2月はこのほかに秋葉原ゲーム会と市民講座もあり、20タイトル遊ぶことができた。いつも遠くからいらっしゃるゲーム仲間の方々に感謝。 遊んだゲームは以下の通りで個別のレビューは後日の予定。このほかに、…

続きを読む 自宅ゲーム会
Posted in 国産

ビーンストーク(Beanstalk)

落として揃えて建てて 『ぷよぷよ』のような落ち物パズルをもとにした建設ゲーム。昨年のゲームマーケットに『テラフォーマー』で注目を浴びた寺島由人氏が、秋のテーブルゲームフェスティバルに発表した作品である。カードゲームが多い同人ゲーム界において、デビューした年にボードゲームを2タイトルも発表したことから…

続きを読む ビーンストーク(Beanstalk)
Posted in 国内ニュース

『あいどるプロジェクト』発売

アークライトは本日、アイドルスカウト・カードゲーム『あいどるプロジェクト』を発売した。3〜5人用、12歳以上、60分、3800円。 プレイヤーは芸能プロデューサーとなり、アイドルたちをスカウトして最強のアイドルユニットを作り、ドーム球場でのコンサート開催を目指す。でも、彼女たちには「所属するならこん…

続きを読む 『あいどるプロジェクト』発売
Posted in フランス年間ゲーム大賞

フランス年間ゲーム大賞2011ノミネート

今月24日から開かれるカンヌ国際ボードゲーム祭に合わせて、アスドール・フランス年間ゲーム大賞(As d’Or – Jeu de l’Année)のノミネートが発表された。この中から大賞が24日の前夜祭において発表される。 フランス年間ゲーム大賞は6人の審査委員によ…

続きを読む フランス年間ゲーム大賞2011ノミネート
Posted in エッセイ

ボードゲームにおけるタブー破り

ドイツのボードゲームデザイナー、A.マイヤーは”Spiele entwickeln(ボードゲーム開発)2010“において、「ボードゲームの中のタブーとタブー破り」と題する寄稿を行っている。タブー(禁忌)の原義から説き起こして、社会学のアンケート結果、芸術・文学・映画におけるタ…

続きを読む ボードゲームにおけるタブー破り
Posted in は行

プライバシー激辛(Privacy – Scharf wie Chili)

抑圧された自分を解放 性的な趣味、隠したい過去、配偶者への本音―公言がはばかられることを聞いて、イエスと答えた人数を予想するコミュニケーションゲームの第3弾。今度は小箱になり、タイトルのとおり質問が過激になっている。旅行先で開放的な気分になったところで遊ぶ用に作られているのだろう。 「右どなりに座っ…

続きを読む プライバシー激辛(Privacy – Scharf wie Chili)
Posted in は行

プゥー(Prrrt…)

おならの犯人は誰か? 密室で起こったおなら事件の犯人をつきとめるフランスのパーティゲーム。昨年のエッセンで先行発売があり、今年から正式発売される予定となっている。ハエを押し付ける『モウ(Mow)』の続編で、箱を開けると早速、「プー」と音がする。 はじめに0〜7の悪臭ポイントが書かれたカードが配られる…

続きを読む プゥー(Prrrt…)
Posted in 海外ニュース

フレッドディストリビューション、フェイス2フェイスを買収

グリフォンゲームズとイーグルゲームズのブランドを所有するフレッド・ディストリビューション(FRED Distribution、アメリカ)が、フェイス2フェイスゲームズ(Face 2 Face Games)を買収したことが明らかになった。 フェイス2フェイスゲームズは名デザイナー、故S.サクソン氏の遺…

続きを読む フレッドディストリビューション、フェイス2フェイスを買収
Posted in は行

ハバナ(Havannah)

ブロックしかねる 空いているマスに交互にコマを1個ずつ置いて、円形(リング)・角から角(ブリッジ)・3つの辺(フォーク、写真の赤)のいずれかのかたちに先につなぐアブストラクトゲーム。1981年、1982年の2年にわたってドイツ年間ゲーム大賞の候補作品となった。 ルールはこれだけで、コマの置き方も自由…

続きを読む ハバナ(Havannah)
Posted in 海外ニュース

『チケットトゥライド』マップデザインコンテスト

鉄道ゲーム『チケットトゥライド』のメーカー、デイズ・オブ・ワンダー社(アメリカ)が、2012年に発売10周年を迎えるにあたり、賞金1万ドルのマップデザインコンテストを開催している。4月15日エントリー〆切。 応募方法はまず、ホームページからエントリーフォーム(PDF)をダウンロードし、プリントアウト…

続きを読む 『チケットトゥライド』マップデザインコンテスト