Posted in エッセイ

年間ゲーム大賞ノミネート分析

ボードゲームのアワードとして世界で最も影響力のあるドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)のノミネートが、予告通り28日に発表された。私の予想はほぼ全敗。11の予想のうち、ノミネート入りが郵便馬車のみ、それは俺のサカナだぜが推薦リスト、ケイラスが特別賞。ノミネート+推薦リスト+特別賞…

続きを読む 年間ゲーム大賞ノミネート分析
Posted in 雑誌・書籍

『ゲーム的人生論』

おそらく日本で最も名前の知られたゲームデザイナー、鈴木銀一郎氏が1996年に同タイトルで出版した半生記を加筆したもの。実家の履物商からバーテンダーを経て編集者に至る鈴木氏の職歴と、将棋→囲碁→麻雀→SLG→コンピュータ→TRPGに至るゲーム歴をたどりながら、ひたむきにゲームに向き合う氏の人生観を知る…

続きを読む 『ゲーム的人生論』
Posted in エッセイ

ソロプレイ感

ボードゲームのネガティブな評価として「ソロプレイ感(またはソリテア感)」というものある。インタラクション(プレイヤー間の相互干渉)が少なく、ゲーム中まるで一人でコンピュータゲームを遊んでいるかのような感覚になることをいう。 インタラクションというのは、システムとして競り、交渉、交換、協力、直接攻撃、…

続きを読む ソロプレイ感
Posted in エッセイ

お仕事感

この頃あちこちで「お仕事」という言葉を聞く。ボードゲームでは「やりたくないのに、状況的にトップのプレイヤーを妨害しなければならない一手」を指すようだ。「お」という文字が付くことで、自己犠牲による妨害という両者にとって悲惨な状況を巧妙に包み隠している*1。 例えばこのまま何もしないと次の手番で1位が上…

続きを読む お仕事感
Posted in 雑誌・書籍

スコットランドヤード・ゲーム

『スコットランドヤード・ゲーム』 野島伸司著 小学館 ISBN:409386165X 1,470円 6月2日発売予定 ……新刊小説らしい。どんな話か分からないし、野島伸司を読んだこともないけれどももしやあのボードゲームと関係があるのかなと思ってチェック。(小学館新刊情報)

続きを読む スコットランドヤード・ゲーム
Posted in 国内ニュース

カタン日本予選

ドイツ世界大会の出場権をかけた日本大会の国内予選が7月23日(日)、仙台、新潟、東京、神奈川、名古屋、大阪、広島、福岡の全国8ヶ所で同日開催。応募はカタン公式サイトで近日公開される応募フォーム、または協力各店まで。会場の詳細や募集方法はこちらから。  みんなー!エッセンに行きたいかー?!オー!!

続きを読む カタン日本予選
Posted in News in Japan

Catan Championship

The Japan The Settlers of Catan Championship has been held for four years, but in this year qualifying rounds will open for the first time on 23. July…

続きを読む Catan Championship
Posted in ルール

郵便馬車ルール変更

ハンス社はホームページで郵便馬車(Thurn und Taxis / ザイファルト作)の第二版からのルール変更を発表した。変更点は「バイエルン外」のボーナスが「全国」になるというもの。これまではバイエルン以外の全エリアで最低1件ずつ家を建てればこのボーナスを得られたが、今度はそれがバイエルンを含む全…

続きを読む 郵便馬車ルール変更
Posted in ルール

カリフォルニア拡張

アバクスシュピーレは「カリフォルニア(California / M.シャハト作)」の拡張カードの無料配布を告示し、ホームページにて受付している。リンク先にあるメールアドレスに、名前と住所を送ると、拡張のポストカードが送られてくる。以前、ハンザ(Hansa / M.シャハト作)で行ったキャンペーン(こ…

続きを読む カリフォルニア拡張
Posted in 雑誌・書籍

『ゲームを斬る』

グループSNE代表でRPG界の重鎮、安田均氏の新著。氏にはファンタジー、RPG関係で多数の著書があるが、ボードゲーム関係も扱ったものとしては『ボードゲーム大好き!』(幻冬社)に続いて2冊目。 内容はソニーマガジンズ『月刊AX』連載「安田均のゲームバトルロイヤル」(2000.5-2001.3)、ウェブ…

続きを読む 『ゲームを斬る』