Posted in 日本語版リリース

3段階オークションにパワーアップ『フォーセール オートラマ』日本語版発売

ふるりん本舗は本日、『フォーセール:オートラマ(For Sale Autorama)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・S.ドラ、イラスト・K.モリヤ、3~6人用、10歳以上、30~45分、4070円(税込)。 名作オークションゲームとして名高い『フォーセール(1997年)』のセルフリメイク。イー…

Posted in あ行 

オラクル(Oracle)

3段階で集めるチップ ギリシャ神話がテーマのトリックテイキングゲーム。S.ドラの3年ぶりの新作で、トリックテイキングは『ニエット』『七つの印/スラフオフ』に続いて3タイトル目である。目標達成型だが、目標の選択肢を極端に広げ、通好みの作品に仕上げている。 5スートのマストフォローで、切り札はなく、勝者…

Posted in

ヘラス(Hellas)

石切場、閉鎖間近! ギリシャの島で神殿や宮殿を建設し、都市を広げる陣取りゲーム。S.ドラがホワイトゴブリンゲームズ(オランダ)から発表した。ドラの作品はデザイナー買いしているが、シュピール’16ではホワイトゴブリンゲームズが出展しなかったため、作者のフェイスブックで売っている場所を確認し…

Posted in

メドゥリス(Meduris)

超高速托鉢、準備できてません! 小屋や神殿を作り、回ってくるドルイドに捧げ物をして名誉を競うゲーム。シュピール’16の新作で、昨年『カルバ』などでミドルクラスのファミリーゲームをリリースして成功したハバ社が、さらに一歩進んでやや重めのゲームに進出した。デザイナーはドラとリンデ、イラストレ…

Posted in 日本語版リリース

沈むか沈まないかは紙一重『ぶくぶく』日本語版、11月12日発売

アークライトは11月12日、S.ドラの名作カードゲーム『ぶくぶく(Land unter)』日本語版を発売する。デザイン・S.ドラ、イラスト・O.フロイデンライヒ、3〜5人用、10歳以上、30分、1800円(税別)。 オリジナルは『森のカッコウ(Zum Kuckuck!)』というタイトルで1997年に…

Posted in は行

パシャ(Pasha)

もうひとつ上を狙うべきか みんなで出したカードを、サイコロの目の強さで取り合うダイスゲーム。寡作のデザイナー、S.ドラ(ドイツ)がシュピール’13でホワイトゴブリンゲームズ(オランダ)から発売したものである。シンプルで骨太な作りに、ドイツゲームの安定感を感じさせる。 毎ラウンド、全員が1…

Posted in は行

火と炎(Feuer & Flamme)

焼けるはずない バーベキュー台の上に、野菜や肉を崩さないで積み上げるバランスゲーム。デザイナーのドラとラインドルのコンビで作るのは『メイクンブレイク・チャレンジ』『エヌーク』『ひつじのショーン:ウンコアラーム』などキッズゲームばかりである。この作品も、4~5歳から遊べるゲームだ。今年のオーストリアゲ…

Posted in ら行

ロバの橋(Eselsbrücke)

そこが思い出せない! 『神経衰弱』などの記憶ゲームは、ゲーマーにはあまりウケない。得手不得手の差が激しいのはもちろんだが、勝敗がゲーム経験に全く関係ないからではないだろうか。ボードゲームをそれほどやりこんでいない人でも、やりこんでいる人に素で勝てる。そういう意味で記憶ゲームは、運ゲームと同じく初心者…

Posted in ま行

メイクンブレイク・チャレンジ(Make’n’ Break Challenge)

焦ると落とす ラベンスバーガー社の『メイクンブレイク』と、コスモス社の『ウボンゴ』はほぼ同時期に発売され(前者が2004年、後者が2005年)、どちらも制限時間内に何か組み立てるゲームとしてシリーズ化されている。しかし、『ウボンゴ』シリーズが全てG.レヒトマンによるものであるのに対し、『メイクンブレ…

Posted in は行

ひつじのショーン:ウンコアラーム(Köttel-Alarm)

ウンコクレイアニメ 先日『ひつじのショーン:ヒツジ集まれ』を遊んだときに、ほかにもいくつかゲームが出ていることを知った。特に注目されたのが私が大好きなデザイナー、シュテファン・ドラの作品であるこのゲーム。早速ドイツアマゾンで個人輸入した。 ゲームは自分のヒツジがまき散らしたウンコを、クマデで片付ける…