路線配置からのレースゲーム『1号線で行こう!』日本語版、1月28日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リゴレは1月28日、『1号線で行こう!』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.ドラ、イラスト・F.フォーヴィンケル、2~5人用、10歳以上、45分、4400円(税込)。

美しいレンガの街並みに路線を引き、路面電車を走らせるタイル配置&レースゲーム。オリジナルは1995年にゴルトジーバー社(ドイツ)から発売され、メイフェアゲームズ(アメリカ)が『ストリートカー』というタイトルで英語版を発売している。ゴルトジーバー社で2010年にアートワークを一新した第2版を出しているが、今回は初版のイラストをベースに、フォーヴィンケル氏自身がコンポーネントのアートワークを一新した。

最初に各プレイヤーにはスタート駅と、途中の停留所が秘密裏に指示される。この路線ができるよう線路タイルを街ボードに配置するが、すでに既に置いてある線路タイルを他のものに交換することも可能。お互いの路線の推理と邪魔しあいが起こる。

路線が完成した人から、ダイスを振って路面電車コマをスタート駅から進める。途中の停留所では全て停車しなければならず、駅に着いたら上がりとなる。路線の完成が遅れた人でもダイス目が良ければ挽回できるため、ダイスロールにも力がこもる。

日本語版ではカードが裏面でわかるようにデザインを変更。線路タイルを入れる袋が付属するほか、停留所コマ、電車コマともに木製になった。また、停留所はアルファベットを変えるなど遊びやすさを追求。

さらにサイコロが2種類用意されており、サイコロの目に一喜一憂するシンプルなクラシックルールだけでなく、サイコロを振るか振らないかの判断に迫られるアニバーサリールールが加わった。発売から25年以上、こだわりぬいたリメイク作品だ。

内容物:ゲームボード 1枚、スタートカード 6枚、停留所カード 12枚、ダイス 2種類4個、袋 1枚、電車コマ 6個、停留所コマ 12個、線路タイル 126枚、説明書 1冊

リゴレ:1号線で行こう!

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です