オラクル(Oracle)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3段階で集めるチップ

ギリシャ神話がテーマのトリックテイキングゲーム。S.ドラの3年ぶりの新作で、トリックテイキングは『ニエット』『七つの印/スラフオフ』に続いて3タイトル目である。目標達成型だが、目標の選択肢を極端に広げ、通好みの作品に仕上げている。

5スートのマストフォローで、切り札はなく、勝者はスートに関係なく数字の大きい人(同じ数字ならリードカラー優先、どちらもリードカラーでなければ先に出したほう勝ち)で、最弱の1と最強の12があると1が勝つというのがトリックテイキングのルール。1スート枯らしておくと、勝ち負けの調整がしやすくなるが、読みきれないドラマチックな展開もある。

大きい数字で勝つとフェニックスチップ(2点)、中間の数字で勝つとペガサスチップ(3点)、低い数字で勝つとヒドラチップ(5点)がもらえるが、いずれも場になくなり次第終了となり、その後に勝つと「敗者チップ」という、その種類のチップの得点を帳消しにしてしまうチップを受け取らなければならない。また勝てば他の人に押し付けることもできるが、ここで大事なのがゲームの始めに配られる「オラクルカード」である。

オラクルカードはゲーム終了時のチップの状況でボーナスがもらえるもので、「ペガサスチップとヒドラチップを1枚ずつ持っていれば9点」「敗者チップを1枚持っていれば11点」といった目標が書いてあり、ゲームの始めに8~10枚(!)配られてそのうち2枚を選ぶ。選択肢は多く、手札と相談しようにも見当もつかない。達成しやすいけれども得点が低いのを取るか、難しいが高得点のを取るかは賭けのようでもある。

たった1枚で達成の可否が変わってしまうものも多いので、最後の1トリックまで気が抜けない。棚ぼたもあるが、終盤の詰めはコントロールの余地がある。プレイ人数分のラウンドを行って合計点を競う。

同じ目標達成型のトリックテイキングゲーム『七つの印』においても、取りすぎると失点チップを取っていたが、『オラクル』はボーナスのために敢えて取る場合もあり、プレイヤー間の思惑を複雑にする。ほかのプレイヤーの思惑をかいくぐって、最後に目標通りに寄せられた時は嬉しい。

Oracle
ゲームデザイン・S.ドラ/イラスト・C.オッパラー
スケリッヒゲームズ(2020年)
3~5人用/8歳以上/30~60分
ゲームストア・バネスト:オラクル

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です