何か揃ったらバナナをつかもう『忍者バナナ』、12月16日発売

すごろくやは12月16日、『忍者バナナ(Ninja Banana)』を発売する。ゲームデザイン・R.フラガ、イラスト:八重樫王明、2~6人用、7歳以上、15分、2420円(税込)。

オリジナルは2012年、『シュリンプ(Shrimp)』というタイトルでアスモデ社から発売された作品を、忍者をテーマにしてリメイクした。3ヶ所にめくられていく忍者カードをよく見て、3枚に共通する要素を見つけたらすばやく中央のバナナを取るパターン認識ゲーム。

手番には自分の山札の上からカードを1枚めくり、中央に置かれた3つの台座のいずれかに重ねる。「色」「居場所」「大きさ」「人数」のいずれかが、3枚とも共通していることに気づいたら、「〇〇ニンジャ!」と言って中央のバナナを取る。最初にバナナをつかんだ人が台座に積み重なったカードを獲得。誰かの山札がなくなったときに、一番多くカードを持っているプレイヤーが勝つ。

パターンの共通だけでなく、忍者の人数が合計7人になったら「忍者バナナ!」、さらに上記のうち2つが揃ったらそれを宣言することで他人からカードを奪うこともでき、非常に稀だが3つの要素が揃っていることを指摘したら即勝利となる。ぜひ狙いたいところだが、判断が遅れることにもなるだろう。

瞬間的なパターン認識だけでなく、めくったカードを置く台座を選べることで駆け引きがあり、また付属のバナナは握ると「ぷぴー!」と音がなることで笑いも生まれる。

すごろくや:忍者バナナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です