カードプレイで窮地脱出『ブロックス シャッフル』日本語版、7月23日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マテルは7月23日、『ブロックス シャッフル(Blokus Shuffle: UNO Edition)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:N.ヘイズ&B.タビシアン、2~4人用、7歳以上、30~45分、3850円(税込)。

マテル社の人気ゲームである『ブロックス』と『UNO』を合体させた作品で、オリジナルは2021年に発売された。ピースをできるだけたくさん置いた人が勝ちという『ブロックス』のルールに、『UNO』のカードプレイを加えた。

手番には2枚の手札から1枚をプレイして、その効果を適用。その後で自分のピースを盤上に置いて、手札を1枚補充する。ピースを置くところがなくなった人から脱落してゲームを続け、全員置けなくなったところで置けなかったピースのマス数が少ない人(ボード上に最も多く置けた人)が勝利する。

カードはスキップ、リバース、ドロー2から、どの色のピースでも置ける(ワイルド)、辺と辺を隣接して置く、ボード上から自分のピースを回収する、他のプレイヤーのピースを移動する、2連続手番というルールを変更するものまで8種類。運の要素が入り、定石を覆すドラマチックな展開が楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。