落書き前のスケッチは何?『シャーロックとピカソ』日本語版、4月28日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピチカートデザインは4月28日、「JELLY JELLY GAMES」のレーベルで『シャーロックとピカソ(Sherlock&Picasso)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:S.ラスジュリアリアス、アートワーク:A.ドイッセン&タンサン、3〜6人用、10歳以上、20〜30分、2750円(税込)。ゲームマーケット2022春にて先行販売される。

オリジナルはホビーワールド(ロシア)から2020年に発売された作品。デザイナーはフランス人。お題をイラストで当ててもらうゲームだが、皆が見る前にいたずらっ子役が落書きしてしまう。はたして落書きされる前のスケッチが何だったのか?

アーティスト役のプレイヤーはついたての裏でお題カードに書かれた8つのお題を1つずつスケッチシートに描く。描いたものからいたずらっ子役のプレイヤーに渡し、その上に落書きする。こうして40秒以内に8つすべてのお題をスケッチと落書きを行った後、探偵(他のプレイヤー)が元々何が描かれていたかを当てる。

正解したら探偵とアーティストに得点、正解者がいない場合はいたずらっ子が得点が入る。すべてのプレイヤーがアーティストといたずらっ子を一回ずつ行ったらゲーム終了となり、得点が最も多いプレイヤーが勝利する。

元がわからなくなるようないたずら書きと、いたずら書きされても通じるような構図のせめぎあいは取り組みがいがあり、答え合わせでアハ体験が楽しめるパーティゲームだ。

内容物:お題カード 84枚、ついたて 2枚、鉛筆 2本、得点チップ 24個、スケッチシート1冊、ルールブック1枚

JELLY JELLY GAMES:シャーロックとピカソ

 

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。