詩の続きをみんなで決めよう『ポエモ』4月29日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B-CAFEは4月29日、『ポエモ』を発売する。ゲームデザイン:黒田尚吾、アートワーク:ちゅぱみ、3~8人用、12歳以上、5分、2420円(税込)。ゲームマーケット2022春では特別価格2000円で先行販売される。

『知ったか映画研究家スペシャル!』『そういうお前はどうなんだ?』など独特のコミュニケーションゲームを手掛けてきた黒田尚吾氏の作品。エモいポエムをSNS上で発表したい「僕」の頭の中にいる妖精になって、一番エモいポエムをみんなで完成させる。

最初の1枚をスタートプレイヤーが選んでスタート。その1枚の続きにふさわしいと思う詩カードを発表し、同時指差しの投票で決める。選ばれた人は1ポイント。こうして4枚のカードが並んだらポエム完成でラウンド終了となる。ラウンド終了時に誰かが5ポイント以上獲得していたらゲーム終了で、ポイントの最も多い人が勝つ。

「ネオンに沈む深海魚」「そして、不器用な笑顔」「時代に流されないよう思い出にしがみついた」といったそれっぽい詩の断片が200枚入っており、前の言葉からのつなぎ方は自由自在。手札から出すだけなので手軽に遊べ、大喜利が苦手な人でも安心して遊べる。

B-CAFE:ポエモ

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。