共通目標でタイル配置『フロンティア・ウィズ・ブラウニーズ』4月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やのまんは4月下旬、『フロンティア・ウィズ・ブラウニーズ(Frontier with Brownies)』を発売する。ゲームデザイン:Shun&AYA(Studio GG)、イラスト:里瀬ほとり、1~4人用、8歳以上、15分、2420円(税込)。ゲームマーケット2022春にて先行販売。

Studio GGがゲームマーケット2020秋に発表した『羊と花畑』のリメイク。同じくStudio GGの作品『グッズメイカー』をリメイクした『ファーム・ウィズ・ブラウニーズ』に続き「ブラウニーズ」をテーマにしたタイル配置ゲームだ。プレイヤーは商会主となり、ブラウニーたちの注文を達成するため、土地タイルをつなげて西の島の開拓を進める。

自分の注文カードを満たすべく、『カルカソンヌ』のようにタイルの絵がつながるように中央に配置して牧場・村・畑を作っていくが、『ふたつの街の物語』のように両隣のプレイヤーの共通目標もあるため協力の要素もある。さらに他プレイヤーの注文内容を推理し、投資することで得点を増やすこともできる。

『羊と花畑』からゲームバランスの見直しや、新ルールの採用などさまざまな増補を行っている。

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。