日本ボードゲーム大賞2021に『アルナックの失われし遺跡』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPO法人世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」は3月14日、日本ボードゲーム大賞2021を発表した。今年は投票部門のみ行われ、『アルナックの失われし遺跡』が大賞に選ばれた。

今年で20回目を迎える日本ボードゲーム大賞。昨年1年間に日本国内で新発売された国産・日本語版・輸入・同人ゲーム291タイトルの中から大賞を選んだ。

投票部門は昨年12月から今年2月まで、約2ヶ月にわたってネットなどで行われ、38都道府県から139名(昨年比-97名)が参加した。各自ベスト5まで記入できる方式で、1位5点、2位4点、3位3点・・・として集計。1位となったのは『アルナックの失われし遺跡』で、昨年の『イッツアワンダフルワールド』と同様、ゲーマーズゲームが大賞に選ばれた。ホビージャパンから日本語版が発売されている。

2位以下の順位は下記の通り。国産ゲームでは6位にダイソーゲームの『変顔マッチ』、9位に『57577』が入賞している。

同人ゲームは規定投票数に達しなかったため今年も公表されていない。また、選考部門(ゆうもあ賞)は新型コロナウイルスによる影響で選考するための試遊を十分に行えなかったため、今年も発表されていない。

【日本ボードゲーム大賞2020】
投票部門
1位:アルナックの失われし遺跡(Lost Ruins of Arnak)129点(得票率24.46%)
2位:キャンバス(Canvas)68点(得票率:13.67%)
2位:ミクロマクロ:クライムシティ(Micro Macro: Crime City)68点(得票率:13.67%)
4位:スピリット・アイランド(Sprit Island)58点
5位:ファーナス(Farnace)58点
6位:変顔マッチ 49点
7位:プロジェクトL(Project L)45点
8位:カートグラファー(Cartographer)40点
9位:57577 35点
10位:ことばのクローバー!(So Clover!)36点

NPOゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2021 投票部門 発表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。