答えが半々になる質問は?『ピッタンコはんはん』3月31日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは3月31日、『ピッタンコはんはん』を発売する。ゲームデザイン:イエマ(アーカイブパラダイム)、アートディレクション・デザイン:TANSAN、3~9人用、6~99歳、5~10分、1320円(税込)。

今月発売された『ワードッチ』に続く「アークライトキャラメルシリーズ」第2弾。オリジナルはアーカイブパラダイムがゲームマーケット2019大阪で発表した『ひきわけしわけ』で、アークライト・ゲーム賞2021の優秀賞に選ばれている。『オストラコン』(ダヴィンチ出版、2004)、『みんなのイ~ブン』(テンデイズゲームズ、2012)に続く、みんなの答えが半々になるような質問を考えるゲーム。

親プレイヤーはお題カードを引いて、そのテーマで全員に2択の質問をする。「夕食が3日続けてカレーでも全然へいき?」回答を一斉にオープンして、答えが半々だったらポイント。これを繰り返して合計得点を競う。

質問が思いつかない人のために、質問例もカードに掲載。一般発売にあたって、カードにある全てのテーマや質問例を見直し、細かくバランスを調整した。回答の後の会話も弾む作品だ。

内容物:カード 56枚(※質問例112問、カードサイズ:63×88mm)、説明書 1枚

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。