ランドルフのキッズゲーム『こぶたのおんぶレース』日本語版、2月25日発売

ジーピーは2月25日、『こぶたのおんぶレース(Rüsselbande)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ランドルフ、イラスト・えのころ工房、2~7人用、6歳以上、20分、2530円(税別)。

オリジナルは2001年、ドライマギア社(ドイツ)から発売され、ドイツ年間キッズゲーム大賞にノミネートされた作品。巨匠ランドルフの最期の公開作品としても知られる。輸入版は多くの会社が取り扱い、「こぶたのレインボーレース」「コブタのかけっこ」「すすめコブタくん」「リュッセルバンデ」「ラッセルバンデ」などの邦題がある。輸入版よりも小箱になって持ち運びしやすくなり、気軽に遊べるようになった。

カラフルなこぶたたちが、草原の道をおんぶしたりされたりしながら進むレースゲーム。

サイコロを振って自分のこぶたコマを進めるが、他のこぶたがいるマスに止まると、そのこぶたの上におんぶしてもらい、そのまま運んでもらえる。しかも、おんぶは2段とは限らず、こぶたたちが集まって3段、4段と高く積み重なっていくとレースも大波乱の展開に。

最下位のときは3が出るともう1回進むことができ、またゲーム中に1人1回、コースを延長できるなど逆転を生む要素もちょっとあり、最後まで勝負の行方がわからない。おんぶしたまま1位でゴールして、仲良く勝利を分かち合うのもいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です