ニクソンVS新聞社の戦い『ウォーターゲート』日本語版、1月25日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数寄ゲームズは1月25日、『ウォーターゲート(Watergate)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・M.クラマー、イラスト・K.フランツ&V.シュルツ、2人用、12歳以上、30~60分、4290円(税込)。専用スリーブ付きは4510円(税込)。

『グレンモア』『ロココの仕立て屋』のM.クラマーがデザインし、フロステッドゲームズ(ドイツ)から2019年に発売された作品。盗聴器の発見からアメリカ大統領辞任にまで発展したウォーターゲート事件(1972年)をテーマにした非対称2人用ゲームだ。

プレイヤーはニクソン政権側とワシンンポスト新聞側に分かれ、それぞれ独自のカードセットを持って、ニクソン政権は任期を満了することを、ワシンンポストは大統領が事件の首謀者であることを証明することを目指す。

各プレイヤーは4~5枚の手札を持ち、交互に手番としてカードを1枚ずつプレイしていく。ニクソン大統領と情報提供者の関係性を示す「証拠トークン」、ニクソン大統領の勝利条件に繋がる「勢力トークン」、次のラウンドでさまざまなアドバンテージをもたらす「イニシアチブトークン」の3つの要素があり、これらを綱引きする「タグ・オブ・ウォー」メカニクスを用いている。。

証拠トークンにはニクソンの資金源を示す青のトークン、ウォーターゲートビルの図面を示す黄色のトークン、ホワイトハウスでの録音テープを示す緑のトークンの3色があり、編集者が獲得するとニクソンとその情報提供者の関係を証明したことになる。2人以上の情報提供者とニクソンをつなげればワシントンポスト側の勝利。それを妨害して「勢力トークン」を5個集めるとニクソン側の勝利となる。

全てのカードはオールユニークでそれぞれ異なる効果を持ち、テキスト効果でどんでん返しも起こる。相手の出方を予測したカードプレイの順番構成で、最後の一歩を先に踏むのはどちらか?

数寄ゲームズ:ウォーターゲート

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。