メキシコ古代文明でピラミッド建設『サポテカ』日本語版、12月18日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テンデイズゲームズは12月18日、『サポテカ(Zapotec)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.ロピアーノ、イラスト・Z.ウンゲルター&A.ザワダ、1~4人用、12才以上、60~75分、6600円(税込)。

ボード&ダイス社(ポーランド)から年末に発売される新作ボードゲーム。デザイナーは『メルフ』『カリマラ』のロピアーノがあたった。現在のメキシコ南部で紀元前に繁栄したサポテカ文明で農耕と建設を行い、勝利点を競う。

各ラウンド、プレイヤーは手札からカードを1枚選んで一斉にオープン。手番順と手に入る資源、さらに建設できる建物・場所・地形が決まる。この順番に従って資源を使って新しい家を建てたり、特殊能力を手に入れたり、神々に生贄を捧げたり、ピラミッドを建てたりする。

資源はグリッドの行または列を参照するがグレードアップすることもできる。ラウンド終了後、中央の場からカードをドラフトで補充し、残ったカードが次のラウンドの得点ボーナスとなる。こうして5ラウンド終了後、ピラミッド、生贄トラックの位置、儀式カードの勝利点を合計し、勝敗を決める。

カード1枚をプレイするところから、どこに何を建設するかまで、多くの選択肢に悩まされる作品。3段に積み上がっていくピラミッドの造形も見事だ。

テンデイズゲームズ:サポテカ 日本語版

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です