シュピール’21:開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月14日(木)10時(日本時間17時)から、ドイツ・エッセンにて、世界最大のボードゲームメッセ「シュピール(SPIEL)」(主催・フリードヘルム・メルツ社)が開催される。コロナ禍により2年ぶりの開催で、日曜日までの4日間で最大12万人(一昨年比マイナス9万人)の参加を見込む。

37回目を迎え、ボードゲームメインでは世界最大のイベント。コロナ禍の中での開催にも関わらず、出展者数は41カ国から約600団体(2019年は53カ国から1200団体)で、1000タイトル以上(2019年は1500タイトル)の新作が発表される。

新型コロナウィルス感染対策のため、チケットは全て電子チケットとなり、1日3万人までに制限。また入場はワクチン接種済・罹患回復済・48時間以内の検査済のうちいずれかの証明書(EU準拠)が必要。会場内ではPCR検査(予約制)が受けられるほか、医療用のマスク着用が義務付けられる。参加者制限により入場チケットは1日券のみで15ユーロから20ユーロ(2600円)に値上がりした。

日本からはオインクゲームズ冒険企画局+グループSNEが出展する。オインクゲームズは『SCOUT』海外版を発売する予定だ。

参加できない人のために、昨年に引き続きオンラインイベント「シュピール・デジタル」が開かれる。本日17時から視聴可能。また恒例の人気投票「スカウトアクション」(フェアプレイ誌主催)もオンラインで開催され、現地参加していなくても投票できる。会場マップや新作リストなどをまとめたガイドブックのダウンロードはこちら

SPIEL’21公式サイト

会場地図。上が2019年、下が今年。4番ホールを使わなくなり、7番と8番が増えた

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です