動物たちの縄張り争い『グレートプレインズ』日本語版、9月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは9月上旬、『グレートプレインズ(Great Plains)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.ベンジャミン&B.ギルバート、イラスト・K.フランツ、2人用、10歳以上、20分、3960円(税込)。

ルックアウトゲームズ(ドイツ)の2人用ゲームシリーズで今年発売された新作。キツネとヘビの部族が低地で出会った動物を召喚し、縄張り争いを繰り広げる。デザイナーは『マンダラ』のベンジャミン&ギルバート。

7枚のタイルをランダムに組み合わせてゲームボードを作る。ゲームボードは山地を縫うようにして低地になっている。スタート地点となる洞窟を山地に3つずつ配置してスタート。

手番には部族トークンを洞窟からつなげて配置していき、ワシ、ウマ、クマのシンボルに配置すると対応するタイルを受け取って、それ以降いつでも使えるようになる。ワシは山の向こうに、ウマは連続して2個、クマは相手のトークンを押し出して配置できる。

部族トークンがすべて配置されたらゲーム終了。平原ごとにトークンが多いほうが、広さや地形に応じた得点を得る。

わかりやすいルールで短時間で遊べるエリアマジョリティゲームだ。

内容物:洞窟タイル 6枚、動物タイル 9枚、部族トークン 40個、両面ボード 7枚

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です