ショウ・ミー・ユア・サウンズ(Show Me Your Sound)

音と写真の関連付け

スマホの専用サイトでランダムに出てくる音を聞いて、NGカード以外の写真を全て裏返す協力ゲーム。これが一作目となるGATゲームスタジオ(韓国)の作品である。何の音かはわかるが、それがどう写真と関連付けられるかで解釈が分かれる。

写真カードを並べ、親は今回のNGカードの番号を密かに確認する。NGカードがめくられないようにするのが目標である。スマホで音を流して、親はその音に「最もイメージが近い/遠いものをめくれ」という指示をする。やや直感的ではないが、NGカードに近かったら遠いものをめくらせ、遠かったら近いものをめくらせるというわけだ。

ほかのプレイヤーは相談して、これだと思うものをめくる。NGカードでなかったら次の音へ。こうしてNGカード1枚だけ残せばラウンドクリアとなる。誤ってNGカードをめくってしまったら、その時残っているカード枚数だけ失点。写真カードを1枚ずつ増やし、失点の合計が規定に達する前に8ラウンドクリアできれば全員の勝利となる。

出てくる音は、いずれかの写真の音が収録されているが、その写真が場にあるとは限らない。場になければ、「静かな雰囲気」「食べ物関係」などといった意味付けで親の意図を読み取ることになり、これが結構難しい。

ポイントは、前後のヒントを関連付けることである。単体のヒントで考えてもできないことはないが、以前のヒントを覚えておけば、親が何を意図していたのか推理しやすくなる。これは、似たような写真が2枚あるときに有効な戦略だ。

アンユージュアル・サスペクツ』を想起させるが、あちらが人の見かけを独断と偏見で決めるという、少しもやっとするテーマであったのに対し、こちらは論理的な推理が可能で、聴覚と視覚の隔たりを結びつけるというチャレンジも面白い。意見が分かれたり、ぎりぎりまで迷ったりするため、最後までクリアできたときは本当に嬉しい。

ショウ・ミー・ユア・サウンズ
ゲームデザイン・ハンソマン&キムグンヒ&ゴヨハン/アーティスト・ジョンオリン
GATゲームスタジオ(2021年)
2~8人用/8歳以上/20分
ゲームストア・バネスト:ショウ・ミー・ユア・サウンズ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です