ダンジョンドロップ(Dungeon Drop)

このエントリーをはてなブックマークに追加

散らかったダンジョンにお宝

机の上にキューブを撒き散らしてダンジョンを作り、そこからお宝を集めるアメリカのゲーム。アメリカアマゾンのついで買いだったが、ランダムに散らばっているキューブからパターンを見つけ出すのは考えるところもあり、そこにちょっとしたアクション要素や特殊能力が加えられていてとてもよい。拡張セットも出ている。

各自、今回の職業と種族のカードを受け取り、自分だけができる特殊能力を確認する。基本セットで150通りの組み合わせが可能だ。キューブを箱に入れ、テーブル中央にぶちまけてゲームスタート。

手番にはまず、袋から規定数のキューブを引いてダンジョンに落とした後、おはじきや追加ドロップなどの特殊能力を使う。それから、ダンジョンにある3つの灰色キューブ(柱を表す)を選び、その三角形(=部屋)の中にあるキューブを獲得する。灰色キューブはダンジョンの至るところにあるので、どれを選んで部屋にすれお得なのか、よく観察しなければならない。部屋の中にほかの灰色キューブが入っていてはいけないので、そんなに大きい部屋は描けない。

ダンジョンには金塊、宝石、宝箱と鍵(セットにしないと開けられない)があり、最後にその合計点を競うが、お宝ばかりではなく、モンスターもいる。これが三角形の中に入っていると、プレイヤーのHPを削ってしまう。死んではいけないので、その部屋から取るのを諦めるか、ポーションで回復するか、あるいはヒーローの特殊能力で乗り切ることになる。

最強のモンスターはやはりドラゴンで、そのままでは決して勝てない。ダンジョン内に2個しかない魔法の盾を手に入れてから行くしかないが、そうできれば高得点になる。ゲームは3ラウンドで合計点を競う。

キューブがばらまかれたダンジョンは最初、どこを見たらいいか途方に暮れるが、モンスターを含まず、お宝がたくさんあるところはそんなにない。毎回ドロップするキューブと、プレイヤーの特殊能力でどれくらい有利な状況を作り出せるかがカギとなる。遠めのキューブ同士でおいしい部屋を見つけられたときの喜びは大きい。

Dungeon Drop
ゲームデザイン・S.R.スミス/イラスト・M.ナシメント
フェイズシフトゲームズ(2020年)
1~4人用/8歳以上/10~20分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です