チクタクオーダー(Tick-Tock Orders)

このエントリーをはてなブックマークに追加

工程の順序もあるよ

タイルをめくって材料を集め、さまざまな製品を作って注文を達成するリアルタイム協力ゲーム。『ラッセーラゲーム(ねぶたビート)くじらだまがゲームマーケット2020春(中止)に発表した作品で、ボードゲームセレクション2021で大賞に選ばれた。製品が各1つしかないために、工程を工夫しなければならず、闇雲に並べればいいというわけでないところがニクい。

5分間の砂時計を返してスタート。依頼カードを選んでボードの中央に置き、そのカードの指示通りに製品を作って配置する。手番はなく、裏返しになったタイルをどんどんめくって必要な素材を探し出し、職人ボードに置いて製品を作る。

できあがった製品タイルは注文達成のためにボードに置き、使った素材は箱に入れる(足りなくなったら箱をひっくり返して場に戻す)。これを繰り返して注文通りの製品が揃ったら1枚クリア。5分以内に規定枚数の注文を達成できれば全員の勝利となる。

一筋縄では行かないのが、製品を作るために別の製品が必要なところ。例えばスープを作るには、水と牛乳と皿が必要で、皿を作るには火と宝石が必要となる。皿タイルは1枚しかないため、スープも皿も必要な注文が来ると厄介だ。まず皿を作り、スープを作って皿を戻し、それから改めて皿を作り直さなければならない。できあがった皿を慌てて納品してしまうと、スープが作れなくなってしまう。工程が多いものから順に作っていく冷静さが求められる。

さらにタイルの中にネズミが混じっており、これをめくってしまうとボードに置いて注文の達成を妨げてしまう。ネズミを退治するには、指定された素材を2人が1枚ずつもち、同時にネズミに当てるという作業が必要となる。これで時間が取られる上に、どの製品を作っていたか忘れてしまいがちだ。お互いに声を掛け合って分業したいところだ。

上級ルールから始めたらあっけなく失敗。2回目は達成の用意な注文を選んで成功したが、ランクを上げるために再挑戦したところまた失敗した。1ゲーム5分だから、成功しても失敗しても続けてプレイしたくなる。

チクタクオーダー
ゲームデザイン・渚くじら、アートワーク・よしはらヨシ
くじらだま(2020年)
2~4人用/6歳以上/15分

くじらだま:チクタクオーダー

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です