『エバーデール:真珠の入り江』日本語版、12月17日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

everdelpbJ.jpgアークライトゲームズは12月17日、拡張セット『エバーデール:真珠の入り江(Everdell: Pearlbrook)』を発売する。ゲームデザイン・J.A.ウィルソン、イラスト・A.ボスレー&D.メイ、1~4人用、14歳以上、60~90分、6800円(税別)。

大樹の下の街づくりゲームの拡張セット第1弾。オリジナルは2019年に発売され、その後第2弾、第3弾も発売されている。永遠の樹の麓を流れる河の先に暮らす動物たちが仲間に加わる。

ゲームボードのわきに「河」が追加され、カエル大使を派遣する。河ボードには追加のアクションスペースがあるが、カエル大使のみ配置することができる。そこで新たな資源「真珠」を手に入れ、記念碑や装飾品など、さまざまなボーナスを狙うことができるようになる。

新たな水生の動物たちや建物もあり、これまでのカードに加えてコンボや戦略の幅もより広がる。拡張用のソロゲームルールも収録。

内容物:河ボード 1枚、上書きカード 2枚、カエル大使コマ 6個(各色1個ずつ)、労働者コマ 6個、建物カード 10枚(63x88mm)、動物カード 10枚(63x88mm)、河の取引カード 12枚(63x88mm)、真珠トークン 25個、記念碑タイル 4枚、装飾品カード 8枚(44x63mm)、ルール説明書 1冊

everdellpbJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です