きもちを文で表す『ぼくらなかよし』日本語版、12月18日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

affinityJ.jpgcosaicは12月18日、協力コミュニケーションゲーム『ぼくらなかよし(Affinity)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.ベルナール&J.-P.サウ&R.エニオン&C.ルクレール、イラスト・E.フェラーロ、3~8人用、8歳以上、20分、2800円(税別)。

オリジナルはゲームフロー社(フランス)から2018年に発売された作品。2018年のオクトゴーン賞(フランス)で「老若男女を問わず楽しめるゲーム」部門第1位を獲得した。配られた「きもちカード」に合う文章を、配られたカードを組み合わせて作って安寺もらうコミュニケーションゲーム。

各プレイヤーは「たのしい」「かなしい」「すてき」「ブキミ」の4種類のきもちからランダムに指定された1つを、配られたことばカードで表す。ことばカードは主語、副詞句、述語の3種類からなり、「マッドサイエンティストが/高速道路上で/爆発する」「昔あこがれた相手が/何度も何度も/キノコを食べる」といった迷文ができあがる。

ほかのプレイヤーは全員でその文章から手番プレイヤーの「きもち」を相談し、見事当てられたら調和コマが、外れたら不協コマが進む。調和コマが先にゴールに入れば全員の勝利となる。

意識して面白い文章を作る必要がなく、純粋に配られた「きもちカード」に合うと思われる言葉の組み合わせを提示するだけ。また協力ゲームでもあるため、場の雰囲気は自然と和やかなものになる。ルール説明は30秒ででき、意外な「きもち」に笑いの生まれる作品だ。

ゲームボードーは箱自体を展開。イラストも可愛らしく、大人と子どもでも一緒に楽しめる作品となっている。
affinityJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です