『街コロ』、海外で評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスのボードゲームデザイナー、A.ボザは自身のブログで今年一番のボードゲームとして『街コロ』を挙げた。「シンプルで、短くて、美しくて面白い。私が好きな要素が全て入っている」と評している。ちなみに昨年は『クウィックス』、一昨年は『クー』を選んでおり、一貫した基準であることが分かる。
ANTOINE BAUZA:myGOTY 2014
ボザは親日家で知られ、今年3月にも来日している(TGiWニュース)。だから日本のゲームに対しても評価が高いのかもしれないが、ドイツのボードゲーム専門誌シュピールボックスでも高い評価が付けられている。
シュピールの後に発行された2014年6号では、新作の中から記者が選んだ10タイトルが紹介されている。7人の記者のうち3人が『街コロ』を挙げた。最も多く挙げられたのは『デウス』と『ビースティバー』で5票。集計した結果は以下の通り。日本発の『セイルトゥインディア』のほか、『オニタマ』『シークレットムーン』を挙げる記者もいた。
【シュピールボックスの記者が選ぶシュピール’14新作10タイトル】
5票 デウス、ビースティバー
4票 コルトエクスプレス、パッチワーク
3票 オルレアン、シュタウファー、ブラックフリート、街コロ
2票 春秋戦国、セイルトゥインディア、ノスフェラトゥ、パナマックス、サンクトペテルブルク第2版、ファイブトライブス
さらに年末に発行された2014年7号には、2ページにわたるレビューが掲載された。シュピールボックス誌のレビューには最後に各記者の10段階評価があるが、『街コロ』の評価は9人中8点が4人、7点が5人という高い評価を得ている。レビューは『カタンの開拓者たち』との類似性を挙げ、手番でなくても楽しめると述べ、「ダイスロールには苦楽が共存している。この軽快なダイスゲームで起こる感情は、希望、悲しみ、喜び、怒りである。その全てがこの小さな箱に詰まっている。まとめるととても楽しい娯楽になるだろう」と締めくくっている。


『街コロ』がヤポンブランドを通してシュピールで紹介されたのは2013年だが、コスモス社がドイツ語版を発表したのは2014年秋。つまり2015年度の新作ということになる。ドイツ年間ゲーム大賞やドイツゲーム賞への入賞も十分可能性ありだ。
グランディング:街コロ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です