Posted in 国内ニュース

テンデイズゲームズのトークイベント、12月4日大阪千日前

12月4日(木)、大阪・千日前のイベントスペース「なんば紅鶴(べにつる)」(南海なんば駅、各線日本橋徒歩3分)にて、「~味園アナログゲーム同好会presents~タナカマコトがやってきた!テンデイズ珍道中in紅鶴」が行われる。出演・タナカマコト(テンデイズゲームズ)、スーパーログ(バンキルポン)、林人生(なんば紅鶴)、19:30~、1500円(1ドリンク付き)。
東京・三鷹のボードゲーム専門店テンデイズゲームズのタナカマ店長が、『テレストレーション』『ゼロ』『インフェルノ』など日本語版の製作や、シュピール、ゲームマーケットなどについて話すイベント。『インフェルノ』日本語版でアートワークを担当したスーパーログ氏も参加し、話題になっているデザインについて語る。2015年度発売予定の注目作も聞けるかもしれない。
提供の味園アナログゲーム同好会は同会場で活動しているゲームサークルで、ポッドキャストでプレイ報告を配信している。タナカマ店長もテンデイズラジオでポッドキャスト配信を行っており、ボードゲームポッドキャストつながりとなっている。
~味園アナログゲーム同好会presents~ タナカマコトがやってきた!テンデイズ珍道中in紅鶴
味園アナログゲーム同好会 定期報告
テンデイズゲームズ

Posted in 日本語版リリース

『ロストレジェンド』日本語版、3月中旬発売

アークライトは2015年3月中旬、M.エリオットのファンタジーカードゲーム『ロストレジェンド(Lost Legends)』日本語版を発売する。3~5人用、10歳以上、70分、4800円(税別)。
『クォーリアーズ!』『サンダーストーン』のM.エリオット(アメリカ)が2013年、クイーンゲームズ社(ドイツ)から発表した作品。国内ではメビウスゲームズが輸入版を扱っている。デッキ構築ではなく、カードドラフトが本作のメインメカニズム。
プレイヤーたちは英雄となり、パーティを組んで難度の異なる冒険の地3ヶ所を順に巡る。配られたカードから1枚ずつ選んでは残りをとなりに渡すカードドラフトでスキルや装備品を手に入れる。英雄は怪物を倒すことで経験値とトロフィーを獲得。経験値が貯まるとレベルアップし、トロフィーによって伝説ポイントが入る。すべての冒険を終えた時、最も伝説ポイントを獲得したプレイヤーが勝者だ。
カードドラフトの前に今回の怪物が分かるので、その怪物に対応する装備ができる。勝てそうにないと思ったらとなりのプレイヤーに渡してもよいが、未知のモンスターと戦わなければならなくなってしまう。
各プレイヤーが担当する英雄はそれぞれキャラクターが異なり、長所や弱点がある。ほかのプレイヤーには怪物を安易に退治させてはいけない。プレイヤーが成長していくファンタジーRPGに、カードドラフトの駆け引きを加えた作品。
ロストレジェンド日本語版(コンポーネント)

Posted in 国産新作ゲーム

幻冬舎エデュケーション、『どうぶつサッカー』発売

幻冬舎エデュケーションは28日、2人用ミニサッカーゲーム『どうぶつサッカー』を発売した。プロデュース・エイベックススポーツ、デザイン・しんどうこうすけ、イラスト・藤田麻衣子、2人用、5歳以上、1500円(税別)。
シリーズ累計70万部を売り上げた『どうぶつしょうぎ』の後継的作品。コマを交互に動かし、ボールを相手のサッカーゴールに入れることを目指す。自分の番には、コマをあいているところに1マス動かすか、ボールのあるマスにコマを動かしてボールを2マスまで飛ばすか。味方にパスをつなげば、もう1回ボールを動かすことができる。コマはサル、リス、ウサギの3つがあり、サルは一番上段に来ると、2マスまで歩くことができるようになる。
仲間をどこに動かせばパスがつながってシュートできるか、相手にシュートをされないためにはどう守るかなど作戦をたてることができ、コマの動きを覚える必要もなくすぐに決着がつくので、小さな子どもでも楽しめる。
幻冬舎エデュケーション:どうぶつサッカー

Posted in 国内ニュース

パティクロ、奈良・三郷に移転、店名を「弾正」に

大阪・八尾のボードゲームショップ「パティクロ」は11月5日、店舗を奈良・三郷に移転し、店名を「すごろく玩具の弾正(だんじょう)」に変更して再オープンした。JR関西本線・三郷駅徒歩10分。再オープン記念として、中古サンプル品のほかに店長の秘蔵ゲームも販売している。
パティクロは2007年に滋賀・瀬田でオープンしたボードゲームショップ。2008年に大阪・八尾の住宅街に移転し、今年の9月まで営業していた。新店舗も住宅街の中にあり、メビウスゲームズの輸入ファミリーゲームを中心に取り扱う。ネット通販は現在準備中。
すごろく玩具の弾正
〒636-0821 奈良県生駒郡三郷町立野北1-40-20
電話:0745-31-7550
ホームページ:http://danjou.yamanoha.com/
営業時間:月~金 12~18時 土日祝 11~18時(6~8月は19時まで)
定休日:火曜(祝祭日の場合は営業)

Posted in 日本語版リリース

『アメリゴ』日本語版、3月中旬発売

アークライトは2015年3月中旬、S.フェルトのアメリカ開拓ゲーム『アメリゴ(Amerigo)』日本語版を発売する。2~4人用、10歳以上、90分、7000円(税別)。
オリジナルは2013年秋にキックスターターを通してクイーンゲームズ(ドイツ)から発売され、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞に推薦、ミープルチョイス賞にノミネートされた作品。日本ではメビウスゲームズが輸入版を扱ったが、現在は品切れとなっている。
イタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチ(1454-1512)の足跡をたどってプレイヤーは開拓者となり、名もなき島々へ航海の旅をし、土地を開拓して拠点を立て、産物を手に入れて得点を獲得していく。同社の『ヴァレンシュタイン』『将軍』でも用いられた大きなダイスタワーが特徴で、このダイスタワーにキューブを投げ込み、受け皿に出てきたキューブを使用してアクションを行う。タワーの中には複雑に梁が渡されていて、投げ込んだキューブが全部出てくるとは限らないし、前に投げ込んだキューブが出てくることもある。
アクションには船の移動、大砲の積み込み、計画、発展、建設、産物の購入、特別アクションの7つがあり、それぞれキューブに対応している。出てきたキューブの色と数によってフェイズ毎に行えるアクションの種類や回数に変化があり、それを見越して戦略を考えなければならない。ボードも毎ゲーム変化し、島の大きさが変わるため、さまざまな展開が楽しめる。
アークライトゲームズ:アメリゴ完全日本語版
アメリゴ日本語版(コンポーネント)

Posted in 国内ニュース

ボードゲーム専門クラウドファンディング 「A-JORITY」

『落水邸物語』のデザイナー佐伯拓也氏は仲間とともに、ボードゲームの出版を支援する合同会社「wird」を立ち上げた。来年からクラウドファンディングによるボードゲーム出版支援サービス「A-JORITY(アジョリティ)」を開始するほか、オリジナル作品の企画・制作、ボードゲーム製作のコンサルティングサービス、各種イベントの企画・実施を行う。
ゲームマーケットで発表されるインディーズゲームが激増している今日、小規模頒布のためにすぐに売り切れ、追加生産ができないケースが相次いでいる。製造販売に対するノウハウがないことや資金面の問題などを解決し、良質なゲームの供給不足を解消するのが狙い。佐伯氏があるボードゲームの出版でアドバイザーに呼ばれたとき、「クラウドファンディング」と「製造・出版・販売までの一連のサポート」がカギとなることが分かり、そのイメージが会社立ち上げのきっかけとなったという。
製品化のアドバイザーは川崎晋氏、ワンドロー、沙月みと氏、コンポーネントデザインはTANSANFABRIK、ワンドロー、長谷川登鯉氏、井上磨氏、製造は萬印堂、池田紙器工業、タチキタプリント、販売はゲームストア・バネスト、メビウスゲームズ、gamefield、サンセットゲームズといった経験豊富なメンバーが並ぶ。
独自のクラウドファンディングサイトを立ち上げ、応募のあったプロジェクトに資金を集めるだけでなく、自社企画でも同人ゲームの製品化や海外絶版ゲームの再販プロジェクトで資金募集していく予定。すでに最初のプロジェクトとして、ある同人ゲームの製品化・出版企画を進めているという。また、今後、事業全体への出資も募集しており、出資者の意見を反映したプロジェクトも立ち上げる見込みだ。
国産ボードゲームのクラウドファンディングはすでに何例か成功例があるが、資金面だけでなくノウハウまでトータルに支援する仕組みができたことで、国産ゲームの活況に弾みがつきそうだ。
ボードゲーム専門クラウドファンディング「A-JORITY」(アジョリティ)

Posted in シュピール14

シュピール’14:ホビージャパンの輸入リスト第3弾

ホビージャパンは、10月にドイツで開かれたシュピール’14の新作輸入リスト第3弾を発表した。今回はフランスの出版社3タイトルで、発売は12月下旬から1月中旬を予定している。
ロビン(Robin)
F.モイヤーセン作、イエロ社(フランス)/フラットラインドゲームズ(ベルギー)、2~6人用、8歳以上、30分、3400円(税別)、12月下旬発売予定。
プレイヤーはシャーウッドの森に潜むロビン・フッドとその一味に連なって、富める者から奪い、貧しき人々に施しをします。そのために、シャーウッドの森のねぐらの野営地を手伝ったり、ノッティンガム城へと続く道で旅人を待ち構えたり、ロビンからの報せを伝えたり、近隣を見まわって情報を集めたりします。危険を侵せば侵すほど手に入るものは増えますが、城にあまりに近づきすぎると、待ち構えていた警邏と守備隊に捕まってしまうでしょう。
いずれかの種類の任務を7回こなすことで、ロビン・フッドの副官となれます。ほかのプレイヤーもその座を狙っている中、ほかのプレイヤーよりもいち早く成功をつかみ取ることができるでしょうか? プレイ時間も短く、家族で遊べるお手軽さと、度胸が試される駆け引きのゲームです。
ロビン
孫子兵法(Sun Tzu)
A.ニューマン作、マタゴー社(フランス)、2人用、10歳以上、30分、5800円(税別)、1月中旬発売予定。

西暦506年、春秋戦国時代……楚の昭王、兵を率いて淮河を侵し、孫子、兵を挙げ迎える。楚の昭王軍を率い高地に陣し、孫子率いる呉兵比ぶるにその数少なし。孫子、謀りて兵を退き、昭王即ち兵を散らせ追撃を命ず。楚の兵まばらとなり、孫子これを漸次向かえて撃ち減らす。この柏挙の戦いに於いて、楚の昭王敗れ兵を郢都に退く。孫子とその兵、郢都を侵し、昭王都より出、孫子の兵法を大いに懼れる……。

プレイヤーは楚の孫子、もしくは呉の昭王となり、軍を率い、中国の平定をめざします。毎ターン、各地域のカードをプレイし、地域ごとに公開します。そのカードの値や特別な効果により、プレイヤーは兵を進めたり退けたりします。カードは1度しか使用できないものがあり、そのため適切な時を選んで使用することが勝利のためには重要です。ゲームは綱引きのように、中央に置かれた得点マーカーを自陣側に動かすことを競います。9ラウンド行うか、いずれかのプレイヤーが得点マーカーを自陣側の最後のスペースに進めると終了します。アートワークも美しい、対戦型の陣取りゲームです。
孫子兵法
アルティフィキウム(Artificium)
T.シャーゴロドスキー作、アスモデ社(フランス)、2~6人用、8歳以上、20~50分、5000円(税別)、1月中旬発売予定。
中世の施政者として、産業を発展させ、産物の効率的な循環を作り上げて、自分の都市を発展させるゲーム。生産し、加工し、資源を集めますが、ほかの都市の領主の邪魔があることを忘れてはいけません。
カードドリブンによってゲームは進みます。カードの中には資源を生み出すものや、ある資源を別の資源に変換するものや、勝利点をもたらすものや、アクションを実行できるようにするものがあります。カードの連鎖を見極めてプレイすることが、勝利のために必要となります。
ゲームは4ラウンドからなり、各ラウンドの開始時には、各プレイヤーは手札5枚を持っています。そのほかに、表向きになったカードが6枚並べられており、そこを市場と呼びます。まず最初にプレイヤーは自分の手札のカードと市場のカードを交換することができます。その次に、カードを使用してアクションを実行したり、交易をおこなって資源を集めたり、ある資源を別な資源へと変換して勝利点を得たりします。
4ラウンドが終了したところで、持っている資源などを売却して最後の得点計算が行われます。最も得点を獲得したプレイヤーは、中世の施政者として実力を示したこととなり、勝者となります。カードの効果を見極めつつ必要なカードをそろえていく駆け引きと判断が面白いボードゲームです。デザイナーはロシア人で、この作品が第一作となります。
アルティフィキウム

Posted in ま行

ムラーノ島(Murano)

じっくりと島をデザイン
ムラーノ島
ヴェネツィア本当から水上バスで15分、運河で7つの島に分かれたムラーノ島は、ガラス細工「ヴェートロ・ディ・ムラーノ」で有名である。その美しいフォルムは、日産のクロスオーバーSUV「ムラーノ」の名前の元にもなった。この島を舞台に、商人となってお偉いさん方の要求に応え、名声を稼ぐドイツのボードゲーム。作者は『村の人生』のブラント夫妻。ムラノつながりは、もちろん日本語だけの話である。
お偉いさんの要求はわがままだ。「この島では店を沢山建てろ」「この島にはあなただけガラス工房を作って」「青いガラス細工を集めろ」「この島ではガラス工房とショップと宮殿を全部同じ軒数にしろ」「この島には客を3人以下にして」……こんな人物カードの要求を満たすように、島をデザインしていくのがゲームの中心だ。プレイヤーによって狙いが異なるため、達成は容易ではない。
中心となるシステムは「ワーカームーブメント」である。建物タイルを買う、それをボード上に建設する、ガラス細工を作る、ショップから収入を得る、人物カードを買う、ゴンドリエーレ(ゴンドラの船乗り)を配置するといったアクションは、ボード周辺にあるアクションスペースに船を移動して行う。何隻かの船がアクションスペース上にあり、空いているところに進めてアクションを行うことができる。ほかの船があるスペースでは、まずその船をどかしてから、後ろの船を進めなければならず、これにはお金がかかる。「ワーカームーブメント」といえばS.フェルトの『ルナ』(TGiWレビュー)があるが、船はみんなが共有していて、どの船を動かしてもいいため、選択肢は広い。
ゲームのポイントとなるのが、ガラス細工の製造だ。ガラス工房タイルを買い、ボード上に建設し、製造アクションを行うことでガラス細工ができる。このガラス細工はすぐに売ることができ、ゲーム中の重要な収入源になるのだが、製造のとき、島に煙と熱が立ち込め、住民を脅かすため、名声点が下がってしまう。そして名声点が十分になければ、製造することができない。宮殿などを建てて名声点を稼ぎ、その名声を使ってガラス細工を作り、その収入でまた新しい建物を作るという自転車操業。お金も名声点もカツカツなところがゲーマーズゲームらしい。
そんなカツカツぶりを少し和らげてくれるのが「特別な建物」。これを建てると、特別な建物カードを受け取り、ちょっとした特殊効果が得られる。特定のアクションのたびに収入が増えたり支出が減ったり、ガラス細工の色を変更できたり、選べるカードの枚数が増えたりする。これを活かしたアクション選択ができると、ゲームを進めやすい。
タイルの山が切れたらゲーム終了となり、得点計算に移る。ゲーム中にゴンドリエーレを置いた島に人物カードを適用し、その条件を満たせば名声点が入る。ゴンドリエーレを置いていない島には、人物カードを適用できない。どれだけ多くの人物カードを適用できるか、得点が最大限になるように建物などを配置できるかが勝敗を分ける。
4人プレイで約90分。人物カードを慎重に選ばないと全く得点できないため、選択に悩んだ。1ゲーム目はcarlさんが名声点を最大限削ってガラス細工を量産し、そのガラス細工が名声点になる人物カードで大量得点して1位。2ゲーム目はtomokさんが人物カードをたくさん集め、少しずつ加点して1位となった。島の状況を見ながら、人物カードをもっと増やすか、それともゲームを終わらせにいくかという選択肢が悩ましい。ゲーム終了時にボーナスカードの条件を満たして大逆転というゲームはよくあるが、このゲームはそうではない。ボーナスカードがほとんどの得点源で、ゲームを通してその条件を満たすようコツコツ進めていくというプレイ感覚が新しかった。
Murano
I.ブラント、M.ブラント作/ルックアウトシュピーレ(2014年)
2~4人用/10歳以上/60分

Posted in 海外ニュース

ファンタジーフライト、アスモデに合併

アスモデ、ファンタジーフライトを合併アスモデ社(フランス)は17日、ファンタジーフライト社(アメリカ)を合併することを明らかにした。アスモデ社は、8月にデイズ・オブ・ワンダー社(フランス/アメリカ)を合併しており(TGiWニュース:デイズ・オブ・ワンダー、アスモデに合併)、急速に影響力を拡大している。
ファンタジーフライト社は『スターウォーズ』『七王国の玉座』『ロード・オブ・ザ・リング』『シド・マイヤーズ・シヴィライゼーション』などの人気作品があり、ヨーロッパでの販路の拡大を見込む。また、アスモデ社にとっても、北米市場への展開と、北米市場向けの新製品の開発ができるメリットがある。
合併後もファンタジーフライト社は独立して出版を行うが、将来的には共同開発も予定している。ファンタジーフライト社の製品の多くはこれまで通り、ファンタジーフライト社のロゴで発売されるが、アスモデグループのブランドに相応しいものはそのロゴに変更される。同様に、アスモデグループの製品でも、ファンタジーフライトのブランドに相応しいものはファンタジーフライトのロゴが付けられるという。
移行後に役員が退任したデイズ・オブ・ワンダー社の合併とは異なり、ファンタジーフライト社の役員はそのまま継続することになっており、合併というより販売提携の色彩が強い。
日本ではホビージャパンがアスモデ社の優先販売権をもっているが、『ブルームーン』などファンタジーフライト社の製品も販売しているため、大きな影響はないと見られる。
ICv2:Fantasy Flight Games Merges with Asmodee

Posted in 日本語版リリース

『テラミスティカ:氷と炎』日本語版、11月20日発売

テンデイズゲームズは11月20日、ファンタジー陣取りゲーム『テラミスティカ』の拡張セット『氷と炎(Feuer & Eis)』日本語版を発売した。J.ドレーゲミュラー、H.オスターターク作、2~5人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分、5830円(税込)。プレイするためには『テラミスティカ』基本セットが必要となる。
先月ドイツ・エッセンで開かれたシュピール’14の新作。イエティなど地形を新たに変える種族6種類と、新しいゲームボードのほか、白とオレンジのプレイヤーコマセットが入っている。
新たなゲームボードやボーナスタイルによる変化により、基本セットとは違った戦略が生まれる。新たな勢力は、自らの地形をもたないものやボード上のパワーアクションの使用に特化した強さをもつものなど特徴的で、基本セットをやり込んでいても、新鮮なプレイ感覚が味わえる。さらに、新たに追加される手番順を決めるルールも追加できる。
『テラミスティカ』は一昨年の秋に発売され、ドイツゲーム賞、トリックトラック賞、ゴールデンギーク賞、ポーランド年間エキスパートゲーム大賞、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞ノミネート、国際ゲーマーズ賞ノミネート、チェコ年間ゲーム大賞ノミネート、オランダゲーム賞エキスパート部門ノミネート、ベルギー年間ゲーム大賞ノミネート、ポルトガル年間ゲーム大賞ファイナリストと、国際的に高い評価を受けている。日本ではテンデイズゲームズが日本語版を発売しているが、入荷するたびにすぐ売り切れている人気作品だ。
テンデイズゲームズ:テラミスティカ:拡張 氷と炎